畜産の振興

掲載日:2018年3月18日

畜産振興に関すること

わぎゅう

畜産経営や技術の高度化に対応するため、補助事業や融資制度など畜産経営に必要な情報提供や指導を行っています。

畜産環境に関すること

家畜排せつ物の適正処理を推進するため、「家畜排せつ物法」に対応した排せつ物処理施設や堆肥施設等 の整備について、(財)畜産環境整備機構が行うリース事業の導入について、生産者への指導や助言及び申請時の審査などを行っています。

畜産経営環境保全総合対策指導事業

畜産経営に伴う悪臭や水質汚濁等の環境汚染の発生を防止するため、
家畜保健衛生所などと連携して、畜舎及びその周辺の『畜産環境巡回』などを実施し、
臭気検査や改善指導を行っています。

神奈川県畜産環境コンクール

また、畜産について広く県民の方々から理解・信頼を得て、 
畜産農家への意識啓発を図ることを目的として、
県では、平成25年度から「神奈川県畜産環境コンクール」を開催しています。

(平成25年度)神奈川県畜産環境コンクール
葉山町の石井廣さんが、「優秀賞」を受賞。

(平成26年度)神奈川県畜産環境コンクール 
葉山町の石井廣さんが、「優秀賞」を受賞。

(平成27年度)神奈川県畜産環境コンクール
当管内からのエントリーはありませんでした。

環境衛生に関すること

高病原性鳥インフルエンザについて

BSE(牛海綿状脳症)サーベイランス結果について

口蹄疫について

動物用医薬品に関すること

「薬事法」に基づく動物用医薬品の販売許可や指導を行っています。

蜜蜂飼育転飼の手続きに関すること

みつばち

「養ほう振興法」及び「蜜蜂転飼調整条例」に基づく転飼調整、
転飼許可事務を行っています。

家畜改良に関すること

家畜商について

家畜取引を行う家畜商について、免許証の交付や営業保証金の供託等、家畜商法及び 
家畜取引法に基づく指導等を行っています。 

家畜人工授精師について

 家畜人工授精師になるには、農林水産大臣が指定する大学、または県が家畜の種類別に行う
家畜人工授精に関する講習会、家畜人工授精及び家畜体内受精卵移植に関する講習会
の過程を終了し、その修業試験に合格した後、知事の免許を受けることが必要です。

このページの先頭へもどる

本文ここで終了