BSE(牛海綿状脳症)サーベイランス結果について

掲載日:2019年6月11日

「牛海綿状脳症対策特別措置法」に基づき、平成15年4月1日から実施している、牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則第1条に揚げる月齢(1.満96月 2.生前に歩行困難、起立不能等であったものにあたっては満48月 3.生前に農林水産省が指定する症状を呈していた牛にあたっては零月)以上の死亡牛のBSE検査結果は以下のとおりです。

※ 平成27年3月末日までの検査実施対象は24ヶ月齢以上

※ 平成31年3月末日までの検査実施対象は48ヶ月齢以上

令和元年5月末日現在

 

牛海綿状脳症(BSE)サーベイランスの結果について

  死亡牛の届出頭数 検査頭数 備考 エライザ検査陽性頭数
平成13年度

3

3

 

0

14年度

14

14

 

0

15年度 638 619 注1・2 0
16年度 607 611 注2 0
17年度 581 557 注1・2 0
18年度 430 443 注2 0
19年度 356 359 注2 0
20年度

365

365

 

0

21年度

357

358

注2

0

22年度

400

401

注2

0

23年度

390

390

 

0

24年度

369

369

 

0

25年度 317 320 注2 0
26年度 301 300 注1 0
27年度 172 166 注1 0
28年度 187 186 注1 0
29年度

192

192   0
30年度 207 207   0
令和元年度 8 8   0
合計

5,894

5,894   0
 

 

備考欄の注について

注1

牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則第4条第2号の規定による検査除外。

注2

届出対象外(家畜伝染病の患畜及び疑似患畜)の牛の検査を含む。

 

 

なお、全国の検査状況は、農林水産省ホームページの以下に掲載されています。
「牛海綿状脳症(BSE)関係 サーベイランス結果」

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa