農産物の上手な利用法(赤梅干し/作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月7日
材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
作り方のアドバイス

★赤漬け梅干し

赤ジソを使って梅干しを赤くする方法にはいろいろな方法があります。
出来上がった梅干に漬けた赤シソの葉を交互に詰めていくと鮮やかな赤梅干ができます。
赤シソの葉は7月中のものが品質が良好です。
赤シソの葉を水洗いした後、少量の塩と梅酢で揉んで、良く絞り、アクを抜きます。アク抜きした赤シソの葉を更に梅酢と塩(葉の重量の20%位)を加えてなじませ、容器に入れ、赤シソの葉が液から出ないように軽く押しをします。漬けた赤シソの葉は梅干に対し10%くらいを用意して下さい。赤シソの葉は7分と3分に分けます。7分に分けた赤シソの葉の一部をとり、梅干と赤シソを交互に容器に詰め、一番上に分けておいた3分の赤シソの葉を上にのせ、軽く重石をします。しばらくおくと、赤シソの色がしみ出し、梅干が鮮やかな赤色に染まります。

赤梅干は長くおくとだんだん色が黒くなってきます。赤梅干は赤色の鮮やかなうちに食べてしまいましょう。出来上がった梅干に赤シソの葉を交互に詰めていくと鮮やかな赤梅干ができあがる。

★漬け上がり

しばらくおくと、赤シソの色がしみ出し、梅干が鮮やかな赤色に染まります。

写真

★賞味期間

赤梅干は長くおくとだんだん色が黒くなってきます。赤梅干は赤色の鮮やかなうちに食べてしまいましょう。長くおくような場合は冷暗所においてください。でも、1、2年もおくなら、白梅干しをお勧めします。

★赤梅干しの利用

赤梅干しは白いご飯を赤くきれいに染めることができます。握り飯にはきざんだシソの葉をご飯に混ぜ、握り飯の中には赤梅干しを入れてください。夏の暑い時期でも梅の酸味がご飯の悪くなるのを防ぎます。

写真写真


材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa