農産物の上手な利用法(キュウリのビール漬け/作り方のアドバイス)

掲載日:2018年2月28日
材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
作り方のアドバイス

★漬け込み後のキュウリ重量

キュウリの漬け込み1日後の重量は79%くらいになります。

写真   写真

★漬けあがりのキュウリ重量

漬け込み3日後の重量は65%くらいになります。

写真   写真

★漬け込み

漬け込み容器はポリエチレン袋を用い、外装にプラスチックケースや紙箱を用いますが、量の多いときは漬物樽がよいでしょう。量が少ないときは外装に四角の容器を用いると長いキュウリをそのままの長さで漬け込むことができます。ポリエチレン袋を使うときは袋内の空気を抜いて口を閉じ、外装容器にいれ、重石をかけてください。

写真   写真

★キュウリビール漬けの保存

このキュウリビール漬けはビールに静菌作用があるので、乳酸菌などの増殖が遅れ、短期間の保存はできますが、長期間味を変えずに保存することはできません。キュウリと調味液をあわせると徐々に微生物が繁殖し、液が濁り、味や香が変化してきます。必要に応じて調整・加工するのが得策です。
味がなじんだら、冷蔵庫に保管し、速やかに食べてしまいましょう。

写真   写真   写真

材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa