農産物の上手な利用法(サワークラウト・刻み1kg/材料)

掲載日:2018年3月9日
作り方 ビン詰 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
材 料
キャベツ 1kg
塩(3%) 30g
白コショウ 0.4g
キャラウェイ 0.2g
重石 1kg

写真写真

★キャベツ

キャベツは病気のない、健全なものをつかってください。キャベツは大きくても、小さくても問題はありません。

写真

また、普段は食べないような畑に残す硬い外葉も利用することができます。

写真

★塩

最近はいろいろな作り方、調製をされた塩が販売されています。どのような塩であっても、塩の成分である塩化ナトリウムは同じですので、普段使用している塩を使ってください。塩によって苦汁成分の多いもの、水分の多いものがありますが、あまり気にせず使用してください。

写真写真

★容器

いろいろな容器が利用できますが、漬物用に作られ、販売されているプラスチック容器が手軽に使えますが、キャベツの量が少ないときは梅酒用として販売されている蓋付きのガラス容器も便利です。梅酒用のガラス容器には漬物用の押しブタがないので適当な小皿を使ってください。小皿がないときは段ボール紙を丸く切り、防水のためポリエチレン袋に入れれば、手軽な押しブタになります。

写真写真

ガラス容器もチョッと大き目の容器を準備し、キャベツ、押しブタ、重石の全てが容器の中に入るようにした方が余分な手間がかかりません。キャベツが1kgであれば、2リットルの容器が適当です。

★重石

重石は手近にあるものを使ってください。市販の漬物用の重石、小石をポリエチレン袋に入れたもの、水や砂を入れたガラスビンなど、清潔なもので、必要な重量をかけてください。ガラス容器は漬物樽のように口が広くないので、ポリエチレン袋に小石を入れたものをいくつか用意すると良いでしょう。

写真

★ビン詰保存

サワークラウトはビン詰にして長期保存しますが、初めからビンに詰めるわけではありません。別の容器漬け込み、頃合の風味が醸し出されたら、ビン詰に詰め、加熱殺菌して保存します。

写真写真


作り方 ビン詰 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa