農産物の上手な利用法(トマトピューレ(50kg規模)/材料)

掲載日:2018年3月9日
作り方 作り方・ビン詰 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
材 料
トマト 50kg

写真写真

★トマトピューレ

トマトピューレは完熟した赤色のトマトを裏漉しして煮詰めたものをいいます。

写真

★トマト

ピューレ原料のトマトは完熟したトマトを用いるのが肝要です。真っ赤に熟したトマトでないと色も良くなく、ピューレの歩留まりが少なくなります。
完熟していないトマトの場合は3~5日くらい室内において、追熟させ、真っ赤にしてから用いましょう。

写真

★食塩

食塩を少し加えることでトマトの甘味が引き立ちますが、加えすぎると塩味が強くなり、ピューレとして使いにくくなります。この作り方のトマトピューレでは食塩を加えないほうが使いやすく、必用ならば調理の時に食塩を一振りしてください。

★容器

トマトピューレの保存容器としては200ml程度の広口ビンが優れものです。ビンは汚れを除けば繰り返し使えますが、フタは一度使うとフタの裏側に接着したシリコンパッキンが凹んでしまい、機密性が低下します。フタは新しいものを使って下さい。

写真

耐圧、耐熱性のプラスチック袋も保存容器として利用できますが、長く保存するとガラスビン保存に比べて色や香りが悪くなってきます。

写真
作り方 作り方・ビン詰 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa