農産物の上手な利用法(カラシナ(大山菜)のきざみ浅漬/作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月6日
材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
作り方のアドバイス

★歩留まりと塩濃度

漬け込み1日で大山菜500gは370gになり、漬け液は300mlは415gになります。大山菜の塩濃度は1.9%前後、漬け液の塩濃度は4.2%前後になります。

★風味と食べ頃

漬け込み期間が長くなると大山菜の塩濃度が高くなり、塩辛くなりますが、大山菜のピリッとした辛味と乳酸発酵による酸味がでて、風味を増してきます。
本来の大山菜は長期保存のため、塩が濃く、ベッコウ色になったものを食べていましたが、近年の低塩化志向もあり、塩分控えめ、緑色の鮮やかな浅漬けとしました。
長期漬けすることも可能ですが、そのときは塩分を濃くして漬けて下さい。


材料 作り方 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa