農産物の上手な利用法(カラシナ(大山菜)のきざみ浅漬/材料)

掲載日:2018年2月28日
作り方 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
材 料
大山菜 500g
水 300ml
塩 25g
写真:カラシナ(大山菜 写真:浅漬けの材料

★大山菜

大山菜は神奈川県の大山の山麓一帯で江戸時代から栽培され、地元では「おおっ葉」「子易菜(こやすな)」と呼ばれているカラシ菜の仲間です。昔からピリッとした辛味を特徴とした塩漬けとして利用されてきました。
神奈川県農業総合研究所では大山菜をもっと普及させるため、大山菜の品種改良にとりくみ、大山菜の新しい品種として「さがみグリーン」「おおやまそだち」を作りました。

写真:大山菜の畑

現在、大山菜は地元の農協で「おおやま菜漬」として漬物はもとより、ふりかけ、茶漬け、おやきなどにも利用され、販売されています。また、「おおやま菜漬」は『かながわブランド』にも選定されています。
かながわブランドの「おおやま菜漬」の問い合わせ先はJAいせはら大山支所(TEL:0463-95-2003)です。


作り方 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa