農産物の上手な利用法(カラシナ(大山菜)のきざみ浅漬/作り方)

掲載日:2018年3月7日
材料 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
作り方
(1)大山菜は傷んだところをとりのぞき、水で洗う。

写真:大山菜の水洗い

(2)水を良く切り、2cm幅に切る。

写真:大山菜を切る

(3)分量の水に塩を良くとかす。

写真:塩を水に溶かす

(4)漬物容器に大山菜を全部入れ、上から(3)の塩水を注ぎ込む。

写真:大山菜を容器に入れる 写真:大山菜の上から塩水を注ぐ

(5)大山菜がしんなりしてくるまで、手で、キュッキュッと揉み込む。

写真:大山菜を揉み込む

(6)大山菜がしんなりし、水がでてきたら、押しぶた(蓋)をのせ、1~2kgの重石をのせる。

写真:大山菜から水が出てくる 写真:大山菜の上に押しブタをおく

(7)漬物容器に異物が入らないよう、ふた(蓋)をして、涼しいところにおく。

写真:漬物容器にフタをし、その上をシートで覆う

(8)1週間位で乳酸発酵が始まり、浅漬けの大山菜として風味がでる。

写真:漬け上がり、器に盛った大山菜のきざみ浅漬け


材料 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa