農産物の上手な利用法(一重桜の桜の花漬(100g)/漬け込み)

掲載日:2018年3月6日
材料 仕上げ 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法へ戻る
漬け込み

(1)一重桜の花は満開直前の頃、丁寧に摘み取る。

写真写真

(2)桜の花を摘み取ったら、塩、梅酢を準備する。

写真

(3)桜の花を水に入れ、サッと洗う。

(4)桜の花を水から取り上げ、桜花を乾いたタオルで包み、タオルを振りまわして、桜花に付いている水分を除く。

(5)ポリエチレン袋に桜の花を入れる。

写真

(6)桜の花を入れたら、塩を入れる。

写真写真

(7)ポリエチレン袋に入れた桜の花に梅酢を注ぎ入れる。

写真写真

(8)ポリエチレン袋の中に空気を入れたまま、袋の口を閉じ、塩と梅酢が全体にまわるように軽く振る。

写真

(9)ポリエチレン袋の中に空気を抜いて、袋の口を閉じる。

写真

(10)桜の花が袋の外に出ないよう、花を壊さないように、ゆっくりと袋の外側から押しつける。

写真写真

(11)ポリエチレン袋中の桜の花がしっとりしてきたら、力を入れてギューッと押しつける。

写真写真

(12)桜の花から漬け液がたっぷりと出てきたら、最初の揉み込みを終える。

写真写真

(13)30分~1時間の間、時折、ポリエチレン袋に入れた桜の花をキュキュッと揉み込む。

写真


材料 仕上げ 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa