農産物の上手な利用法(一重桜の桜の花漬(100g)/材料)

掲載日:2018年3月9日
漬け込み 仕上げ 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法へ戻る
材 料
一重桜の花 100g
白 梅 酢 50ml
塩 16g
ポリエチレン袋

写真写真

★桜の花漬け

桜の花漬けは多くの場合、八重桜を原料として作られています。一重桜ではできないということではありません。一重桜だと桜湯、あるいは桜茶として、椀に入れ、熱湯を注ぎ入れたときに八重桜に比べて一重桜では豪華さに欠けるという理由くらいしか考えられません。

桜の花漬けを餡パンや饅頭、ういろう等の飾りとして用いるとき、八重桜に比べると一重桜はボリューム感がありません。しかし、クマリンを主要とする香り成分は一重桜でも八重桜でもあまり変わりません。八重桜がないから桜の花漬けはできないと考えずに身近にある、桜花を使って桜の花漬けを作ってください。
一重桜の桜湯は豪華さはないのですが、清楚さが感じられる一服となります。

写真写真

オオヤマサクラ 染井吉野 

料理やパン、菓子などに用いるのが主ならば原料の花の色は白色やピンク色よりも、できるだけ赤色の強い桜花を用いるのが良いでしょう。少量の桜花で作りたいときにはポリエチレン袋を使って簡単に、すばやく作ることができます。


漬け込み 仕上げ 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa