農産物の上手な利用法(桜の花漬(1kg)/作り方)

掲載日:2018年3月9日
材料 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
作り方

(1)八重桜の花は七分咲きの頃、丁寧に摘み取る。

写真

(2)八重桜の花を摘み取ったら、速やかに、漬け込みを行う。

写真写真

(3)容器に桜の花と塩を交互に入れ、キュッキュッと軽く押しながら詰めていく。

写真写真

(4)桜の花をすべて容器に詰めたら、残った塩を上にのせる。

写真

(5)分量の白梅酢を容器の縁に沿うように、流し入れる。

写真

(6)桜の花を壊さないように、手に体重をのせながら、ゆっくりとまんべんなく押していき、梅酢を桜の花の上まであげる。

写真写真

(7)押し蓋をのせ、重石は片寄らないようにのせる。

写真

(8)1~2日後に、桜の花の固まりを解しながら、全体を天地返しをする。

写真写真

(9)漬け液を戻し加え、押し蓋をのせ、重石は片寄らないようにのせる。

写真写真

仕上げ
塩 陰干した桜花の20%

(10)漬け込み後、1~2週間くらいで、桜の花を引き上げ、ギュッと絞る。

写真写真

(11)ザルやセイロの上に広げ、陰干しをする。

写真

(12)陰干しが終わったら、陰干しした桜の花の重量の20%の食塩を加え、まぶす。

写真写真

(13)清潔な容器に入れ、乾かさないようにして、冷暗所に保管する。

写真


材料 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa