農産物の上手な利用法(桜花の砂糖衣・作り方)

掲載日:2018年3月6日
作り方

 

(1)桜花は水洗いする。

(2)水気をサッと取る。

(3)卵白を裏漉しする。

(4)卵白に等量の水を加え、噴霧器に入れる。

(5)(2)の桜花を手に取り、卵白水を噴霧する。

(6)(5)の桜花にグラニュー糖を振りかける。

(7)桜花が重ならないようにアルミホイルの上に並べる。

(8)(7)天日で乾燥させる。

(9)桜花がカリッと乾いたら、グラニュー糖が付いていないところに筆で卵白水を塗り、グラニュー糖を振りかける。

(10)(9)天日で乾燥させる。

(11)桜花が完全に乾いたら、乾燥剤を入れた密閉容器に入れる。

(12)密閉容器のフタをして、冷暗所に保存する。


★卵白水

裏漉しした卵白に等量の水を混ぜればできあがり。卵白に対して水の量が2~3倍となっても問題ありません。

★噴霧器

噴霧器は手近にある噴霧器をきれいに洗って使用してください。手頃な噴霧器が無かったり、作る桜花の砂糖衣の量が少ないときは細い筆で卵白水を丁寧に花弁や果梗に塗ってください。

★乾燥時の器、敷物

桜花につけたグラニュー糖は乾燥する前に桜花や卵白水の水分を吸って、溶けてきます。ティッシュペーパーやペーパータオルでは溶けたグラニュー糖が紙に浸透して乾くので紙がくっついて離れなくなってしまいます。溶けたグラニュー糖が内部に浸透しないようなアルミホイルやパラフィンコート紙、プラスチックフィルム、磁器製の皿を使ってください。

このページのトップへ
作り方のアドバイスへ
桜花の砂糖衣の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa