農産物の上手な利用法(こうじの簡易試験(河村氏法)/測定の方法)

掲載日:2018年3月9日

測定の方法

 

(1)56℃の恒温水槽を用意する。

(2)300ml容の三角フラスコにこうじ100gと70℃前後の温湯200mlを加え、振とう混合する。

(3)三角フラスコを56℃の恒温水槽に入れる。

(4)30分後、振とう混合する。

(5)60分後、直ちに流水で20℃(室温)まで冷却する。

(6)冷却できたら濾紙で濾過する。

(7)60分経過後、濾液の液量と糖度を計る。


★冷却

60分後に三角フラスコに入った試料を流水で冷却しますが、数本を一度に冷却するには水氷を用意し、この中に三角フラスコをつけ込みます。氷水につけた三角フラスコを順次、攪拌すると、均一に、素早く冷却できます。

このページのトップへ
検査の方法へ
材料と器具へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa