農産物の上手な利用法(こうじの簡易試験(河村氏法)/材料と器具)

掲載日:2018年3月6日

材料と器具

 

こうじ 100g
温湯 200ml
300ml容三角フラスコ
恒温水槽

メスシリンダー
フラスコダイバリング
アルミホイル
漏斗
濾紙
糖度計
pHメーター

★こうじの簡易試験

できあがったこうじの出来が良かったのか、悪かったのか、すぐに調べることが大切です。こうじの外観を観察し、手で触れ、更に糖化力や糖化したときの状況が分かるとこのこうじの品質も分かりますし、次回に注意すべきところも分かってきます。

★こうじの観察

できあがったこうじは色やはぜ込みの状態、香味、乾湿の程度などを観察してください。

★器具・道具容器

こうじの簡易試験といっても、正確に行わねばなりません。そのため、最小限の器具や道具は必要です。
恒温水槽
糖度計

このページのトップへ
測定の方法へ
検査の方法へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa