農産物の上手な利用法(トマトジュースの材料)

掲載日:2018年3月6日
 
材 料

 

トマト 1kg
塩(シ゛ュースの0.3%) 2~2.5g
保存用ガラスビン
ビンの栓


★トマト

ジュース原料のトマトは完熟したトマトを用いるのが肝要です。ヘタの所まで真っ赤に熟したトマトでないと色も良くありません。また、ジュースの歩留まりが少なくなります。
完熟していないトマトの場合は3~5日くらい室内において、追熟させ、真っ赤にしてから用いましょう。
トマトは品種により、甘味、酸味、皮の厚さ、種の状態が異なります。
ジュースにするにはそのまま食べてもおいしいトマトを用いることがポイントです。
完熟トマト1kgを原料にすると750mlくらいのトマトジュースができます。

★食塩

食塩を少し加えることでトマトの甘味が引き立ちます。加える量は好みで良いのですが、0.3%程度加えれば十分です。加えすぎると塩味が強くなり、飲みにくくなります。

★容器

トマトジュースの保存容器としてはビールビンが優れものです。大ビンですと600ml以上入りますし、小ビンも何種類かあります。ビールビンの栓は新しいものを使わなければなりませんが、最近は手作りビールの流行もあり、栓や打栓用の道具も比較的簡単に手に入ります。

このページのトップへ
トマトジュースの作り方へ
作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa