農産物の上手な利用法(青ウメピューレ/作り方)

掲載日:2018年2月28日
 
 
 
作り方
 
(1)青ウメのヘタに付いている果柄や花殻を取り除く。 
写真:ザルに盛った青ウメ(玉英)1kg   写真:爪楊枝を使って、青ウメの果柄や花殻を取り除く
(2)青ウメを水洗する。 
写真:青ウメを水に入れる   写真:青ウメを洗う
(3)水洗いした青ウメをザルにあげ、水をサッときる。 
写真:青ウメをザルにあげる   写真:ザルにとった青ウメの水をきる
(4)青ウメの5倍量の水をステンレス鍋に入れる。 
写真:鍋に水を入れ、ガスレンジにおく    
(5)鍋の水が沸騰したら、青ウメを入れる。 
写真:鍋に青ウメを入れる   写真:鍋を加熱し始める
(6)全体がすみやかに温度上昇するように時々軽く攪拌しながら、加熱する。 
写真:時々軽く攪拌しながら加熱する   写真:ゆるく沸騰させて、加熱する
(7)果肉が軟らかくなったら、加熱を終了する。 
写真:沸騰水の中で青ウメの実が踊る   写真:青ウメに熱が入り、果皮が破れる
(8)青ウメを沸騰水から取り出す。 
写真:青ウメを沸騰水から取り出す   写真:取り出した青ウメをストレーナーにのせる
(9)加熱し、果肉が柔らかくなった青ウメを裏ごしする。 
写真:青ウメを裏ごしする   写真:青ウメをゴムべらでこすりながら裏ごしする
(10)青ウメピューレのできあがり。
写真:裏ごしして得られた青ウメピューレ   写真:裏ごしストレーナーに残った種とカス

★青ウメピューレの保存

調整した青ウメピューレをすぐに利用する場合は保存処理が不要です。時間を置かずに使い切ってください。調整した青ウメピューレを2~3日の間に使用する場合は冷蔵庫に保存してください。保存期間が長くなるときは冷凍保存してください。
  写真:青ウメピューレが均一になるようによくかき混ぜる
冷蔵庫や冷凍保存する時には強い酸性に耐える容器に入れてください。容器に詰めるときは青ウメピューレが均一になるようによくかき混ぜてください。 常温・室温で保存するには、容器に詰めて加熱殺菌する必要があります。 長期保存するには冷凍保存、加熱殺菌保存のどちらかに依らねばなりませんが、機材施設の有無や青ウメピューレの使用方法などを考慮して決めて下さい。   写真:漏斗をつかって、袋の口を汚さないように青ウメピューレを詰める   写真:プラスチック袋の口を熱溶着する

★青ウメピューレの冷凍保存

青ウメピューレの冷凍保存はピューレの使い勝手や冷凍庫の大きさなどを考慮して、容器や量を考えください。冷凍庫が大きく、青ウメピューレを大量に使いたいときは大きな容器に入れて冷凍保存してください。青ウメピューレは少量で使うことが多いなら、その使用量あるいはそれ以下の量を容器に入れ、冷凍保存してください。
冷凍保存する場合は凍結しても、容器が壊れない、ポリエチレン袋に入れ、口を閉じ、ラベルに情報を書いて、冷凍保存してください。
凍結と解凍を繰り返すことはエネルギーの無駄遣いにもなりますが、それ以上に衛生的な管理の面からも問題が大きくなります。解凍した青ウメピューレは再凍結して保存することの無いようにしてください。
  写真:青ウメピューレを入れたプラスチック袋に情報を書く

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa