分煙技術講習会

掲載日:2017年8月23日

神奈川県では、条例や条例が定める分煙の方法等について、建築士、建築設備士等の技術者等を対象とした「分煙技術講習会」を開催しています。

1 分煙技術講習会

 神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例では、飲食店等(第2種施設)は禁煙か分煙を選択していただくことになっています。分煙を選択した場合、仕切りや排気設備の設置のほか、場合によって毎秒0.2m以上の空気の流れを生じさせることが必要です。

  • 飲食店等から、分煙設備の整備について、設計事務所や工務店等に相談が寄せられることが考えられます。
  • このため、建築士、建築設備士等の技術者の方を対象に、条例や条例が定める分煙の方法等について講習会を実施しますので、御参加ください。
  • 当日のすべての講義を受講された方に、受講済証を交付します。
  • 本ページに受講済者の一覧及び連絡先を掲載するとともに、分煙設備の設置を予定する施設管理者を対象とした相談会において、情報提供します。(掲載等を希望する方が対象)

2 分煙技術講習会受講者リスト

 これまでに分煙技術講習会を受講した技術者等の方々の一覧表を作成しました。この一覧表には、分煙技術講習会に参加し、すべての講義を受講した技術者等の方々の氏名や連絡先を掲載しています。

  • 分煙技術講習会受講者リストはこちらファイル [PDFファイル/386KB]
  • 施設管理者の皆様が、分煙を選択する場合に、分煙設備や喫煙所の設置を建築事務所や設備会社等に依頼される際の参考としてください。
  • なお、一覧表に記載された方だけが、分煙設備や喫煙所の設置の設計や施工ができるということではありません。また、県が、この一覧表に記載された連絡先の事業所等を推薦するものではありません。

3 分煙技術講習会開催のお知らせ

平成29年度の講習会は終了いたしました。

4 分煙技術講習会の内容

講習会の概要についてお知らせします。

  • カリキュラム

    (1)条例の説明                        35分

    (2)分煙に関する説明               90分

    (3)建築に関する説明               30分

    (4)消防に関する説明               30分

    (5)風俗営業に関する説明       20分

   (お知らせ)助成制度に関する案内

  • ※講義終了後に、受講済証を交付します。

    ※受講済証を交付された方のうち、希望する方は、氏名、連絡先(勤務先等)を県のホームページに掲載します。

  • 受講料

     不要です。

  • 受講資格

     次のいずれかに該当する方が対象です。

     ・建築士、設備設計一級建築士、建築設備士等、建築および設備に関する資格を有する技術者

     ・分煙設備の製造、設置、企画提案等に関する業務経験を有する方

  • 留意点  

   この講習会は、県公共的施設における受動喫煙防止条例の内容や条例が定める分煙の方法等に

  ついて説明するものです。本講習会の受講が、分煙設備等についての設計、施工等の条件となるもの

  ではありません。

5 主催

  主催 神奈川県
  

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 健康増進課 です。