第4回かながわ子ども・子育て支援大賞決定!

掲載日:2011年3月1日

神奈川県子ども・子育て支援推進条例に基づく「かながわ子ども・子育て支援大賞」「奨励賞」及び「特別賞」を、次の団体等に決定したのでお知らせします。


かながわ子ども・子育て支援大賞 1件

                                         ※知事表彰 副賞10万円

団体名等(所在市区町村)活動の概要
特定非営利活動法人
こども虐待ネグレクト防止ネットワーク
 理事長 山田不二子  (伊勢原市)
児童虐待防止を専門に活動する団体として、電話相談やケースワーク事業のほか、電話相談員養成講座や虐待防止シンポジウムなどを実施

かながわ子ども・子育て支援奨励賞 4件

(事業者部門2件、個人・団体部門2件) ※知事表彰 副賞5万円

【事業者部門】

団体名等(所在市区町村)活動の概要
横浜個人タクシー協同組合
 代表理事 石高茂 (横浜市南区)
昭和49年から年1回、家庭の事情等で施設で生活する児童にドライブと野外活動を経験する機会を継続して提供
特定非営利活動法人
鎌倉市手をつなぐ育成会
 理事長 宮内淑江   (鎌倉市)
平成12年から知的障害者の余暇支援を開始し、21年度からは学校送迎を伴う放課後等支援を展開中

【個人・団体部門】

団体名等(所在市区町村)活動の概要
子育て支えあいネットワーク満
 代表 日下裕子 (川崎市高津区)
未就園児の親向けに各種情報誌の発行、親子のフリースペースや子育て支援センター運営、イベントなどを実施
「ベビーぴよぴよ0.1.2」「ももっこ」
 主宰 宗藤純子    (藤沢市)
地域から子育てのコミュニティづくりを発信しようと、未就園児の年齢別の親子活動の場や遊びを提供

かながわ子ども・子育て支援特別賞 1件

※知事と神奈川県子ども・子育て支援推進協議会会長連名の表彰 副賞8万円

団体名等(所在市区町村)活動の概要
横須賀市北下浦地区社会福祉協議会
「ちびママ広場」(代表 多田すみ子)    (横須賀市)
地区内の子育てサロンの活動を、場所やプログラム等を工夫しながら実施

表彰式

日時

平成22年10月29日(金曜日) 13時から13時20分

場所

メルパルク横浜(横浜市中区山下町16)

授与者

神奈川県知事


※ 「かながわ子ども・子育て支援活動交流フォーラム」を同日開催


【表彰制度の概要】

1 趣旨

神奈川県子ども・子育て支援推進条例に基づき、事業者、子ども・子育て支援機関等民間による自主的な子ども・子育て支援活動の活性化と県民総ぐるみの取組みへの気運の醸成を図るために、県内における子ども・子育て支援活動のモデルとなる活動を対象に表彰する。

2 表彰の種類

(1)かながわ子ども・子育て支援大賞 1団体・人

(2)かながわ子ども・子育て支援奨励賞(事業者部門)(個人・団体部門)各2団体

(3)かながわ子ども・子育て支援特別賞(連携・協働部門)1活動・ネットワーク


※(1)(2)は知事表彰、(3)は知事と神奈川県子ども・子育て支援推進協議会会長の連名による表彰

3 募集期間

平成22年7月1日から8月31日

4 募集数

25件 【内訳】事業者部門13件、個人・団体部門10件、連携・協働部門2件

5 選考方法

かながわ子ども・子育て支援大賞等表彰審査会(9月27日開催)での選考を基に知事が決定

【選考の基準】

ア 先進性(他のモデルとなる、先進的かつ模範的な活動か)

イ 実践性(主体的かつ実践的な活動か)

ウ 有効性(子ども・子育て支援に対する必要性が高く、有効性が認められる活動か)

エ 貢献性(地域社会への貢献が認められる活動か)

オ 継続性(継続的にされてきた実績があり、今後も継続的に行われる活動か)

カ 発展性(全県的な広がりや県内他地域への波及効果が期待できる活動か)

【かながわ子ども・子育て支援大賞等表彰審査会委員】

分野氏名職名
学識経験者新保 幸男県立保健福祉大学保健福祉学部社会福祉学科教授
事業者団体関係吉田 美智子(社)神奈川県経営者協会 シニアマネージャー
事業者団体関係遠藤 秀文神奈川県中小企業団体中央会 事務局長
商店街関係為崎 緑中小企業診断士
県民代表治田 友香(財)起業家支援財団事務局長
県民代表沼田 恵子湘風舎代表
行政加藤 芳明神奈川県保健福祉局福祉・次世代育成部長

    本文ここで終了

    このページの先頭へもどる

    本文ここで終了

    神奈川県

    このページの所管所属は 県民局 次世代育成部 次世代育成課 です。