県営住宅について

 県営住宅は、住宅にお困りの低額所得者のために建てられた住宅です。このため、民間住宅とは異なり、入居について申込資格が定められています。 また、お申込みにあたり、抽選倍率の優遇制度もあります。なお、当選後の注意事項についても必ずご覧ください。

 県営住宅の家賃は入居世帯の収入額に住宅の立地条件、面積、築年数、設備などを加味して毎年決められています。 したがって入居者は毎年世帯の収入額を申告していただきます。この家賃制度によって、すべての入居者に公平に家賃を負担していただいています。

 神奈川県県営住宅条例が改正され、暴力団員(「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条第6号に規定する暴力団員をいう。)については、 県営住宅に入居できないこととなりました。

アスベストの使用状況

 平成28年4月1日現在、千丸台アパート(1号棟から9号棟まで及び12号棟から14号棟まで)、久末アパート(12号棟)、亀井野テラス(1号棟から22号棟まで)、鶴ケ丘団地(1号棟から3号棟まで及びテラス)では 住居内の天井等に、河原町高層アパート(4、6、8号棟)では通路の天井等に、アスベストを含有する建築材料が吹き付けられていることを確認していますが、既に除去や囲い込み等の対策工事を実施済みです。これらの県営住宅の天井で経年による劣化等がある場合は、指定管理者までご連絡ください。

 このほか、古い県営住宅では、ベランダの隣室境のボード等にアスベストを含有する場合もありますが、通常の使用においては支障ありません。

 なお、同じく住戸に吹付けアスベスト等が使用されていた大道団地、六浦団地、古市場アパートは、既に除却しました。(既に除却した、追浜第二団地(アパート)については、浴室(昭和51年増築)の天井裏部分等に吹き付け材が使われていましたが、建物解体時に行ったアスベスト分析調査の結果、アスベストを含有していないことを確認しています。)

 アスベストに関してご心配な点がございましたら、県住宅営繕事務所までご相談ください。

 <注>アスベスト(石綿)が要因となって、悪性中皮腫などを引き起こすことがあります。

県営住宅のアスベスト相談窓口について

 県営住宅のアスベストに関する相談窓口を平成29年6月14日に設置いたしました。(7月8日より土日祝日を除く。)

電話 045-311-8110 (住宅営繕事務所施設管理課)

 

県営住宅入居者募集

県営住宅の入居者募集は、5月と11月の年2回行う定期募集(抽選等)と、4月中旬から11月まで受け付ける常時募集(先着順)があります。

定期募集 
 平成29年5月定期募集を、平成29年6月1日(消印有効)で終了しました。 

常時募集 
 平成29年度常時募集を、平成29年4月14日から平成29年11月30日(消印有効)まで受け付けます。

募集のしおりは、平成29年4月3日から平成29年11月30日まで配布します。 

 

  住宅の種類について

  申込資格について

  優遇制度

  当選後の注意事項

お問い合わせ
一般社団法人かながわ土地建物保全協会 
入居班 電話:045-201-3673
受付時間:平日8時30分から17時30分(土曜・日曜・祝日を除く)

    県営住宅に入居中の方へ

    県営住宅に入居検討中の方へ

    Adobe Readerダウンロード

    Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
    神奈川県

    このページの所管所属は 住宅営繕事務所 です。

    本文ここまで
    県の重点施策
    • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
    • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
    • さがみロボット産業特区
    • 健康寿命日本一をめざして
    • かながわスマートエネルギー計画