青少年のコミュニケーション・人間関係講座 企画提案募集の御案内(平成29年度実施分)(公募は終了しました)

掲載日:2017年8月1日

 神奈川県では、ひきこもりなどの課題を抱えている青少年の問題に関して、「ひきこもり等青少年自立支援プログラム」を作成し、このプログラムを活用して就労体験や社会体験などの実践的な取組みを実施してきました。一方、かながわ子ども・若者総合相談センターの相談においては、自立支援以前の、外に出ることができないといった内容の相談が多く寄せられており、さらに、現在の経済状況の中で、求職活動の末に挫折感を深めてひきこもる若者や、就業に至ったものの短期間で離職した上でひきこもる若者を生み出さないよう、事後的な対処である相談と同様に、“予防的な対応”も求められているところです。

 このため、平成24年度から、ひきこもり等青少年の自立支援事業をより広い枠組みで構成し、青少年のコミュニケーション・人間関係に着目した講座を実施しており、本年度も引き続き実施します。

 平成29年度の講座実施にあたって、ひきこもり等青少年の支援実績を有する団体から企画提案を募集し、高い効果の期待できるものに委託して実施します。

 企画提案の募集についての説明会を平成29年5月28日(日曜日)午前10時30分より、青少年センターにて開催いたします。詳しくは、青少年サポート課までお問い合わせください。

事業要件

事業内容

  • SST(ソーシャルスキルズトレーニング)や人間関係トレーニングのような直接的なコミュニケーションのトレーニングに限らず、各種ワークショップや体験活動、フィールドワークなど、団体で実施している活動を、「コミュニケーション・人間関係講座」として再編・強化したものであること。

  • 平成28年度以前に採択された団体が、同一の事業内容で企画提案することは可とするが、仮に同程度の効果が見込める他の事業がある場合は、講座の多様性等を総合的に勘案して選考します。

参加対象者

コミュニケーションや対人関係に悩みを持つ青少年(対象年齢は39歳まで。有業者を含む。)

定員

20名程度

講座種類

  • 単発講座:どの回からでも参加できるタイプの講座

または、

  • 連続講座:全回参加原則のシリーズものの講座(ただし、中途参加者にも対応出来る様な工夫がしてあること。全体を複数のパートに分割し、パートごとに参加を募ることも可とする。)

実施時期

実施場所

実施時間帯

(実施時期) 

  • 第1期:平成29年9月から平成29年11月中旬まで
  • 第2期:平成29年11月下旬から平成30年2月まで

各期間中に10日程度または5日程度の講座を実施していただきます。

(実施場所)

1 青少年センター          (第1期、2期)
2 県小田原合同庁舎      (第1期)
3 大和市青少年センター (第2期)

(実施時間帯)

 実施時間帯は以下のいずれかの時間帯で実施。

  1 土曜日                   13時から15時まで       
   (青少年センター第1期、第2期)

  2 土曜日                  15時30分から17時30分まで  
    (青少年センター第1期)

   水曜日(一部・火または木曜日)     13時30分から15時30分まで

   (小田原合同庁舎第1期、大和市青少年センター第2期)

   土曜日又は日曜日             13時30分から15時30分まで

   (大和市青少年センター第2期)

  (フィールドワーク等は随時実施可)     

※第1期(青少年センター・県小田原合同庁舎)・第2期(青少年センター・大和市青少年センター)の実施時期、会場、時間帯は、青少年センターと各事業実施団体が協議して決定することとします。

なお、大和市青少年センター開催分は3水曜日か4土、日曜日のどちらか一方で開催します。

※詳しくは「企画提案募集のご案内」をご覧ください。

その他の要件

  • 自立支援コーディネーター(団体スタッフ)を配置し、受講者の状況に応じた対応(相談、情報提供等)が可能なこと。また、当センター及び他団体と連携し、若者の自立支援に関するコーディネートを行うこと。
    ※自立支援コーディネーター要件:相談や居場所スタッフ等、ひきこもり等青少年支援活動の実務経験が2年以上あること。
  • 講座の他に、交流会の開催等、参加者同士の交流を深めるような仕組みを備えていること。
  • 青少年センターにおいて実施する全体広報(チラシ、ホームページ)に協力するとともに、団体独自にチラシ、ホームページ等を作成し、参加者の募集を行うこと。参加者に対し、青少年センターが指定する項目のアンケートを実施すること。
  • 受講料は無料とすること(ただし、フィールドワーク等に係る交通費や、交流会等に係る茶菓代は、参加者の自己負担とすることができる)。
  • 受講生を対象とした、相談会・交流会の運営に協力すること。

 

予算額

(1)1事業あたりの委託料は10日程度の講座は80万円(税込み)、5日程度の講座は40万円(税込み)、を上限とし、1団体からの提案は最大2事業までとします。また、日数については1日から2日程度の増減は可能ですが、日数減の場合は上限額が減額されます。

(2)委託料の内訳(経費)

    スタッフ等の人件費、講師謝金、旅費交通費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、使用料など

(3)委託料の支払方法

    委託料の支払は、適法な請求書を受理した日から30日以内に概算払いにより行い、事業修了後に精算します。

対象とする団体

  応募できる団体は次のすべての要件を備えていることが必要となります。

  1. ひきこもり等の青少年を対象とする相談事業又はフリースペース等を実施している団体で、2年以上の活動実績を有し現在も活動中であること。
  2. NPO法人もしくはこれに準じる非営利団体であること。
  3. 活動拠点を県内に有すること。
  4. 継続した活動が期待されるものであること。

※「NPO法人に準じる非営利団体」とは、次のすべての要件に該当する団体です。

  • 目的、名称、事業の種類、事務所、役員、会議等について定める会則等を有すること。
  • 団体の名称、代表者、主たる事務所を有すること。
  • 年に1回以上、構成員の全員に参加を呼びかけて総会を開催し、事業報告及び会計報告を行い、運営方針等について意見交換すること。
  • 団体として、収入・支出は予算に基づき行い、会計帳簿を備えていること。
  • 事業の内容に政治・宗教活動が含まれないこと。

受付期間・提出先(問い合わせ先)

 (1)   受付期間

  平成29年5月24日(水曜日)から6月14日(水曜日)正午まで
  (受付時間は、9時から17時まで。 ただし6月14日は9時から正午まで。月曜日は休業日です。)

※事業内容等の詳細についてヒアリングをさせていただきますので、申請書類は、県立青少年センター青少年サポート課に直接持参してください。なお、その際、なるべく予め電話にて来課される日時をお知らせください。

 (2)提出先(問い合わせ先) 

 神奈川県立青少年センター青少年サポート課
 〒220-0044 横浜市西区紅葉ケ丘9-1
 電話 045-263-4467(直通)  ファクシミリ 045-241-7088
 電子メール nposupport.440@pref.kanagawa.jp

募集案内

各種申請様式(ワード形式)

 

要綱

「コミュニケーション・人間関係講座」実施要綱 [PDFファイル/37KB]


Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 青少年センター です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
  • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
  • さがみロボット産業特区
  • 健康寿命日本一をめざして
  • かながわスマートエネルギー計画