舞台芸術活用ワークショップ等青少年支援事業

平成30年度 演劇ワークショップ(ショートバージョン)

平成30年度に実施した演劇ワークショップ(はじめ塾)の記録動画です。

掲載日:2019年12月4日

事業概要

目的

ひきこもり・不登校等社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども達を対象に、舞台芸術の表現方法を活用したワークショップを実施することで、コミュニケーション能力の向上を図ります。
併せて、子ども達が、自尊感情や自己肯定感を育み、実社会での生活や就学・就業等の課題へ取り組む姿勢を生むためのきっかけ作りを目指します。

内容

舞台芸術の表現者(演出家・ダンサー等舞台表現を中心としたアーティスト)を協働団体等に派遣し、舞台芸術の手法を使ったワークショップを実施します。

実績

協働団体(機関)の募集

青少年センターでは、この事業の協働団体(機関)を募っております。

この事業に、ご興味のある方は、次の協働団体(機関)の要件をご確認のうえ、当センター青少年サポート課へお問合せください。

ワークショップの実施日数・時間・実施内容等は派遣先の協働団体等と打ち合わせを行い、ニーズに併せて調整させていただきます。

令和元年度の協働団体(機関)の募集は、終了しました。

協働団体(機関)の要件

国、県及び市町村の関係機関並びに次の要件に該当するひきこもり・不登校等の問題に取り組むすべての団体のうち、青少年センターが事業実施計画で定めた団体(機関)と協働します。

  •  神奈川県に所在し、県内を活動拠点とする当事者、家族又は支援者で構成されていること。
  •  支援事業終了後も継続的な活動ができること。
  •  営利を目的としない団体であり、政治・宗教活動が事業の内容に含まれないこと。