保健師

掲載日:2017年4月13日

*平成29年3月14日に開催した「平成29年度神奈川県職員採用試験に向けた説明会」の概要をご紹介します。
*所属名称は配属当時のものです。

厚木保健福祉事務所 髙﨑 瑞恵 副技幹

髙﨑副技幹の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

津久井保健所 → 相模原保健所 → こども医療センター → 津久井保健福祉事務所 

→ 厚木保健福祉事務所 → 県北地域児童相談所 → 現所属

現在担当している業務内容 

 保健福祉事務所保健予防課で感染症に関する業務を担当しています。感染症が発生したときに、患者調査を行い、必要な対応方法を指導し、感染症がまん延しないように対応しています。

 また、課内では、課員としても保健師としても年長なので、課内業務の調整や班の総括、保健師業務の総括も担当しています。

新採用当時の思い出

 初任地は津久井(現在は相模原市)の保健所でした。私の採用当時は、保健師だけの課(健康指導課)があり、仕事だけでなく、仕事以外のことでも、いろいろな先輩方にアドバイスをいただきながら働いていました。

 その当時の私は、障がいがあるお子さんのお母さんに、「子どもも育てたことがないあなたに私の気持ちはわからない!」と言われたときに、「保健師だから、体験していないことであっても、“今、一番いいと思えること”や“もし自分だったらこうする”と考えることをお話しすることができる」…、なんて、小生意気なことを言っていました。今思うと赤面しますが、そのお母さんとはまだ親交があります。

仕事のやりがい

 私が採用された当時は、精神保健福祉センター、児童相談所等に保健師の配置はありませんでした。でも、少し無謀でも、「こういう仕事がしたい」「ここの所属には保健師が必要」と訴え続け、目標や希望を持ち続けることで、希望する仕事ができる部署に配置されるようになるのが県の保健師だと思います。

 私は保健師なので、やはり、自分が担当する患者さんご家族、自分が対応した県民の方から、「ありがとう」と言っていただいたり、安心した様子で帰って行かれる姿を見たときに、「あぁ、保健師でよかった」と思います。

皆さんへのメッセージ

 “保健師”として働くなら、市町村でも企業でも、県外でも職場はあります。でも、神奈川県の保健師として働くと、水と緑、歴史や文化に囲まれ、教育・研修体制が整った中で、幅広く働くことが可能です。

 ジェネラリストとして、スペシャリストとして、県民の皆様の健康を守るため、私たちと一緒に働きませんか。お待ちしています!


平塚保健福祉事務所秦野センター 木村 芽生 技師

木村技師の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

 入庁時から現所属

現在担当している業務内容

  • 慢性疾患児等への支援(家庭訪問、会議の主催、講演会の主催、相談対応等)

  • 児童虐待予防に向けた妊娠中からの切れ目のない支援(性教育の実施、事例検討、産科医療機関等との連絡調整等)

  • 未病女子対策(啓発冊子の作成、大学学園際での啓発)

  • 管内市町村母子保健担当者連絡会の主催

  • がん予防の普及啓発

  • 喫煙防止教育の実施

入庁時の志望動機

 大学2・3年生の時に、難病の子ども支援全国ネットワークが主催するサマーキャンプに参加しました。その際に、病気を持ちながらも、地域でいきいきと生活をする子どもたちの姿に刺激を受け、何か自分でも支援したいと考えるようになりました。実習を通して、神奈川県で働く保健師の魅力を知り、自分がやりたいことと合致していると実感しました。また、神奈川県なら、広域的な視点で携わることができ、自分自身を成長させてくれる場にもなるとも考え志望しました。

新採用当時の思い出

 保健師としての役割が分からず、葛藤することも多々ありました。訪問後はできたことだけでなく、できなかったことも報告する癖をつけるようにしていました。そうすると親身になって一緒に解決策を考えてくださり、安心して業務に向かうことができました。また、秦野ならではの立地を生かし、山登りをしたり蛍を見に行ったりしたのも良い思い出です。他の課や職種の人と携わる機会が多く、楽しい日々でした。

仕事のやりがい

 講演会や支援方法など、自分がやりたいと思ったことを実現化できることがとても魅力的です。新人でも責任ある仕事を持たせてもらうことによって、モチベーションが上がります。地域の課題は様々ありますが、保健師だけではなく、他職種と連携しながら支援方法を考えていくことに楽しさとやりがいを感じています。

皆さんへのメッセージ

 保健師と聞くと、何をしているのか、何をすればいいのかわからない方もいるかもしれません。神奈川県は、新人教育にも力を入れており、手厚く指導してもらえます。保健師として、行政に携わる人として両方の視点でスキルを向上することができます。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。


神奈川県

このページの所管所属は 人事委員会事務局 です。