水産

掲載日:2017年4月13日

*平成29年3月14日に開催した「平成29年度神奈川県職員採用試験に向けた説明会」の概要をご紹介します。
*所属名称は配属当時のものです。

水産課 井塚 隆 主査

 井塚主査の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

水産総合研究所内水面試験場  → 水産課 → 水産技術センター内水面試験場 → 現所属

現在担当している業務内容

 本県では(公財)神奈川県栽培漁業協会と共に、昭和60年代からマダイやヒラメ、アワビなどを生産・放流して資源の増大を図ってきました。また最近では、漁業者からのニーズが高いトラフグやナマコ、カサゴなどの種苗生産技術の開発にも着手しています。私はこのような栽培漁業の振興に係る業務に携わっており、種苗生産・放流計画の立案、栽培関連団体や国・他県との連絡調整、海洋生物資源の管理、栽培漁業の将来構想などを担当しています。

新採用当時の思い出

 大学時代はイカの分類を勉強していましたが、内水面試験場に配属された際の担当は大型ヤマメの選抜育種とチョウザメの飼育技術開発でした。「海水」から「淡水」へ、「死んだ標本」から「生き物」へというドラスティックな変化でしたが、「研究」という共通項があったので、あまり戸惑いはなかったです。ただし仕事ですから、生き物を殺さずに飼わなければというプレッシャーは大きかったですね。当時はまだ昔気質の職人のような上司がいて、技術は見て盗んで覚えろと背中が語っていました。その語りを読み取るのが、論文を読むよりも難しかったです…。

仕事のやりがい

 研究では漁業者だけでなく県民の方々と現場で接することも多く、良いことも悪いこともストレートに意見してもらえます。そこに気付きと反省が生まれて、研究の原動力になり、価値のある成果に繋がっていく。そして、現場の笑顔が見られる。この一連のプロセスを体感できるのは研究業務の悦びだと思います。

 一方、県庁の水産課では、県の政策に直接係わるチャンスがありますし、扱う予算規模も大きなものになります。当然、仕事のプレッシャーは大きく、スピード感も求められますが、一山超えた後に飲むお酒はなんとも甘露です。

 水産を通じて研究も行政も味わえるのは、水産職の醍醐味といえましょう。

皆さんへのメッセージ 

 生物学や海洋学、資源学を学んでくる方が多いと思いますし、たぶんほとんどの方が研究希望なのかとも思います。でも、県に入って水産業に携わるには、環境や生物だけでなく法律、経済、土木など色々な素養が求められます。だから、幅広い分野を扱う行政も経験しないと、県として求められる成果を出せる研究者にはなかなかなれません。いろいろなことにチャレンジしてください。

 ちょっと油断すると「誰のために仕事をやっているのだろう?」と自問自答して、使命感を忘れそうになります。そんな時は、採用される前の今の自分を思い出してください。今、皆さんが思い描いている夢が将来の自分を助けることになると思います。だから夢を大切に。


 武内技師の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

 入庁時から現所属

現在担当している業務内容

     本県水産資源(私の担当はサバ類とキンメダイ)を持続的に利用できるように、国や近隣都県と協力して「現在、資源量がどれくらいあって、どれくらいまでなら漁獲してよいか?」などについて調べ、漁業関係者に情報提供しています。日頃の業務はデスクワークが中心ですが、月に数回程度、県の漁業調査指導船「江の島丸」に乗船してサバ類やキンメダイの漁獲調査を行うこともあります。

    入庁時の志望動機

     大学から大学院時代に水産学や魚類学を専攻した経験から、魚の調査・研究に携わる仕事につきたいと考えていたところ、現職場に非常勤職員として勤務する機会を得ました。非常勤職員として働くなかで、自らの研究が直接漁業者の役に立つという仕事内容に魅力を感じ、採用試験を受けることにしました。

    新採用当時の思い出

     職場の雰囲気はとてもよく、業務上で分からないことがあっても気軽に先輩職員に相談できました。当時は、行政特有の仕事の進め方に戸惑った覚えがありますが、先輩職員に一つ一つ教えていただくことで徐々に克服することができました。

    仕事のやりがい

     1年目から多くの仕事を任せてもらえる職場で、やりがいもあります。また、業務のなかで、漁業者の方から感謝された時は、「この仕事をやっていてよかった」と感じます。これは県民に直に接する県職員ならではのことだと思います。

    皆さんへのメッセージ

     神奈川県には湘南シラス、松輪サバ、東京湾のアナゴなど全国に誇れる水産物が沢山あります。県民の皆様に安心・安全な県産水産物を届けるため、一緒にがんばりましょう。

      神奈川県

      このページの所管所属は 人事委員会事務局 です。