総合土木・建設技術(土木)

掲載日:2017年4月13日

*平成29年3月14日に開催した「平成29年度神奈川県職員採用試験に向けた説明会」の概要をご紹介します。
*所属名称は配属当時のものです。

砂防海岸課 石川 健二 主査

石川主査の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

厚木土木事務所 → 県西土木事務所小田原土木センター → 流域海岸企画課 → 現所属

現在担当している業務内容

 砂防海岸課なぎさグループでは、高潮被害の防止や侵食対策のための海岸保全施設の整備や養浜等、湘南海岸砂防林の保全のための育林や砂防柵の整備等、葉山港、湘南港、大磯港、真鶴港の整備・管理等を行っています。

 その中で、津波や高潮による浸水想定に関する業務、海岸保全施設の整備に係る技術調整に関する業務などを担当しています。

新採用当時の思い出

 民間企業では与えられた設計図書に対して、いかに段取り良く高い品質にて物をつくるかということが重要になります。これに対して行政では様々な検討を行った上で適切な設計図書を作成するということが重要になります。入庁当時は工事の計画から完成までの一連の流れを作っていくことに戸惑いもありました。しかし、職場の上司、先輩方に丁寧に指導を受けて、一つ一つ課題を乗り越えることができました。

仕事のやりがい

 土木職では事業の計画から設計、施工、完成まで一連の工程に携われることが大きな魅力です。

 また、こうして自分が関わった事業により、県民の方々が安全安心に暮らしていける都市基盤を築いていけるということも大きな魅力です。

皆さんへのメッセージ

 神奈川県は全国的にも小さい面積の中に山、川、海と豊かな自然に恵まれている反面、人口は900万人を越え大都市の側面も持っています。

 このように多彩な環境のもと、広い分野で一から事業に携われる神奈川県で、皆さんの力を発揮していただければと思います。


農地課 川上 純子 主査

川上主査の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

県央地区農政事務所 → 足柄上地域県政総合センター → 津久井地域県政総合センター → 県央地域県政総合センター → 現所属

現在担当している業務内容

 現在の配属先では、里地里山の保全に関する条例の担当をしており、条例に伴う手続きのほか、活動団体の支援として、関係機関との調整や里地里山に関するイベントを通じた情報発信なども行っています。

新採用当時の思い出

 最初に配属された部署は農業用水路や農道の整備を行う農業農村整備事業の計画や、県有財産の水路の維持管理を所管していました。採用後2年目に水路の補修工事を担当し、図面の作製から、工事の積算、発注手続き、現場監督と一連の業務を行いました。当初はやり取りの中で飛び交う専門用語の意味さえ分からず困惑していましたが、先輩職員に丁寧に教えていただき、無事に工期内に完成検査を終えることができてほっとしたのを覚えています。

仕事のやりがい

 本県で管理している農業用取水施設で一番大きいものは、約2,000haの農地に水を供給しています。水路や取水堰の改修工事が終わり、田んぼで田植えが始まると、安全で安心な農産物を県民のみなさんにお送りする基礎の部分に関わることができたと感じます。

 本県は都市化が進み、農地も減少してきていますが、一方で農地が身近にある生活がいい、との意見を多く聞きます。農地は農産物の生産の場だけではなく、生物の生息場や人々にやすらぎを与えてくれる場所でもありますので、多くの農地を次世代に残していきたいと思っています。

皆さんへのメッセージ

 私は農業土木職として採用されましたが、農業土木の業務は農道や水路、ほ場の整備などを行うハード事業のほか、農地や水路の維持管理に関する共同作業への支援、里地里山の保全、農業の持つ多面的機能を県民のみなさんに広く知ってもらう体験イベントの開催などのソフト事業などもあり、様々な分野の仕事ができる業務だと思います。

 是非、県の採用試験にチャレンジして、一緒に働きましょう。


酒匂川水系ダム管理事務所 梅原 駿 技師

梅原技師の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

入庁時から現所属

現在担当している業務内容

  • ダムの維持管理に関すること(巡視、維持管理工事、施設の更新や大雨による出水対応、直営作業等)

  • 工事の設計に関すること(設計、積算、監督)

入庁時の志望動機

 幅広い業務に携わることができることが、公務員への志望動機です。その中でも神奈川県を選んだ理由は生まれ育った町を県の立場から守りたいと思ったからです。また雄大な自然や歴史ある都会を有しており、様々な分野で活躍できると思いました。

新採用当時の思い出

 入庁当日に辞令を交付され、聞いたこともない事務所名に困惑しながら訳も分からず車に揺られること1時間半、着いた先には湖がありました。事務所に到着すると所長に温かい対応で迎えてもらえたのですが、緊張のあまり引きつった笑顔で返事をするのが精一杯でした。しかし、そんな不安や緊張を解いてくれたのが周りの先輩方でした。気さくに話をしてくれて、分からない事はなんでも教えてくれました。

仕事のやりがい

 担当する工事を計画して設計し、様々な障害を乗り越えながら完成したときにやりがいを感じます。また、他の事務所に比べて当事務所では県民の皆様から感謝の言葉を直接いただけることは少ないですが、多目的ダムであるため、人の生活に無くてはならない「水」を貯留し「電気」を作り、大雨が降れば洪水にならないように調整しています。このように重要な施設の維持管理に携われることもやりがいの一つになっていると感じます。

皆さんへのメッセージ

 神奈川県に入れば知的で優しい先輩方が待っています(少なくとも私は出会いました)。私は神奈川県を選んで正解でした。是非皆さんとご一緒に仕事する時を楽しみにしています!

神奈川県

このページの所管所属は 人事委員会事務局 です。