かながわ「いのちの授業」

掲載日:2017年12月11日

かながわ「いのちの授業」

 子どもたちの社会性や規範意識の低下、不登校やいじめ・暴力行為などの教育課題、自殺や若者の自立をめぐる問題が生じている中、他者への思いやりや自分を大切にする心を育み、かながわを担う人づくりを進めるため、各学校では、各教科、道徳の時間、総合的な学習の時間、食育やキャリア教育など、あらゆる教育活動を通して、「いのちの授業」を展開しています。

かながわ「いのちの授業」ハンドブック

 
1

   »» ハンドブックのページへ

       

   »» 中学校教材「一冊のノート(全文)」

     

第5回「いのちの授業」大賞表彰式 

 
1

神奈川県では、子どもたちに「いのちを大切にする心」をはぐくむことを目的に「いのちの授業」感動作文を、県内小・中・高・特別支援学校の児童・生徒から募集したところ、6,026作品の募集がありました。

審査会を経て選ばれた10の作品を、12月10日(日)12時30分から、黒岩知事を迎えて、あーすぷらざ プラザホールにて表彰式を行い、作文作者と授業実践者を表彰します。表彰式では、受賞作文の朗読や授業紹介などを行います。是非ご参加ください。

   »»詳しい内容はコチラから

 

「いのちの授業」 実践事例

神奈川県の公立 小学校・中学校・高等学校・幼稚園における「いのちの授業」の実践事例を紹介します。

  

   3   いのちのメッセージ展 展示された遺族の言葉を見る生徒の様子職場体験で調理に励む様子いのちの誕生 一人に2つずつ任された卵を育む様子

                              ≫≫「いのちの授業」掲載ページへ 

   4   足跡のイラスト(取材のイメージ) 万年筆イラスト(取材のイメージ) カメラのイラスト パソコンのイラスト(記事を書くイメージ) 

                              ≫≫「いのちの授業」募集案内ページへ 

   5    9  ≫≫「いのちの授業」作文募集案内のページへ

かながわには百万通りの「いのちの授業」がある

 「いのちの授業」を受けて感動したことが書かれた作文 を募集しています 

優れた作品を表彰するとともに、広く一般に公表し、本県における「いのちの授業」の取組をさらに推進していきます。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 子ども教育支援課 です。