「いのちの授業」 感動作文

掲載日:2019年4月8日

第7回 かながわ「いのちの授業」大賞 募集

 

神奈川県のすべての学校では、道徳科をはじめとして、あらゆる教育活動を通して子どもたちに『いのち』のかけがえのなさや、夢や希望をもって生きること、人への思いやり、互いに支え合って生きることの大切さなどを実感してもらう様々な取組を行っています。県教育委員会では、こうした各学校における「いのちの授業」の更なる充実を図るため、「いのちの授業」大賞作文募集を実施しています。
学校での「いのちの授業」に加えて、家庭や地域等において子どもたちが大人と関わる中で、『いのち』について感じたことや考えたことを書いた作文についても募集します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 募集要項 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1 募集内容

 ○学校や家庭、地域等での「いのちの授業」を受けて、「いのち」について感じたことや
  考えたことが書かれた作文

 ○参加対象…県内すべての児童・生徒(国・公・私立、小・中・高・特別支援・中等教育・
  義務教育学校)
 

2 応募規定

 ○児童・生徒が『いのち』について学んだ内容や考えを書いたものであること。

 ○作文筆者(児童・生徒)に対して「いのちの授業」実践者(注)がいること。

 ○「いのちの授業」が平成30年9月1日以降に行われたものであること。

※(注)「いのちの授業」実践者とは、学校では教職員や外部講師等が考えられます。家庭や地域
   では保護者や親戚、地域の指導者やボランティア等、児童・生徒が「いのち」について考
   え、作文を書くきっかけとなるような関わりをもった大人の方をいいます。
 

3 応募作文例

学校における「いのちの授業」について

学校のすべての教育活動の中で『いのち』を実感し、『いのち』について 
考えたこと

(例)人間の命について、友達と対話し議論する中で、感じたことや考えたこと
(例)生き物にふれたり生き物を飼育したりする中で、人と生き物とのつながりについて考えたこと

等 

家庭における「いのちの授業」について

家庭の中で、『いのち』を実感し、『いのち』について考えたこと

(例)誕生日に、保護者から「生まれた日」の話を聞いた際の思いを綴ったもの

(例)祖父母の介護を通じて、家族の一員である自分の役割を自覚したときのこと 等

地域における「いのちの授業」について

地域の大人と関わり、貴重な経験や体験活動等を通じて『いのち』を感じ、『いのち』について考えたこと

(例)地域の防災イベントに参加し、自分の命を守るために必要なものを学んだこと 

(例)障がいがありながらも自分らしく生きる人の体験談を聞いて考えたこと 等

○作文用紙は県のホームページ(HP)からダウンロード可能です。学校で使用している作文用紙や
 市販されている作文用紙でもかまいません。
○サイズは自由、片面印刷で作文用紙は綴じずにページを記載してください。
○字数制限はありません。

≫≫作文用紙ダウンロード

 【横書き】(エクセル:30KB) 【縦書き】(ワード:52KB) 

○応募作品は未発表のものに限ります。著作権は神奈川県教育委員会に帰属し、応募作品は
 返却しません。
○入賞した方の氏名・学校名・学年・作文等は、作品集やHP、新聞などで公表する予定です。
○作品の公表に当たっては、作品の主旨を損なわない範囲で一部修正することがあります。
 

4 応募方法 

≪送付書類≫

・作文
・添付資料 以下の(1)又は(2)の内容を記載したもの<様式は自由、県のHP
      からダウンロード可能>

 (1)個人で応募する場合  ≫≫応募用紙ダウンロード(ワード:35KB)

  ①応募する部門(学校の部、家庭・地域の部、ともに生きる社会「かながわ憲章」の部)

  ②題名、筆者氏名、所属学校名、学年

  ③「いのちの授業」を受けた月日、場所

  ④「いのちの授業」実践者の氏名、所属、役職、筆者との関係(わかる範囲内で御記入
   ください)等

 (2)学校や地域の団体等から応募する場合
              ≫≫学校用応募用紙ダウンロード(ワード:51KB)
              ≫≫地域の団体等応募用紙ダウンロード(ワード:52KB)

  ①学校・団体名、郵便番号・住所、電話番号

  ②全応募作品数と送付数(※)

  ③応募する部門(学校の部、家庭・地域の部、ともに生きる社会「かながわ憲章」の部)

  ④「いのちの授業」を受けた月日

  ⑤「いのちの授業」実践者の氏名、所属、役職、筆者との関係等

  ⑥学校名(団体等からの応募の場合)、学年、筆者氏名、題名

 (※)全応募作品(「いのちの授業」を受けた全児童・生徒作文)のうち、学校や団体等から
   送付いただく作品数は、20作品以下を目安としてください。ただし、参加賞について
   は児童・生徒が書いた全応募作品に対し贈呈します。

 

5 募集期限 

 ○2019年9月10日(火曜日)
 

6 表 彰
 大 賞(知事賞)
 特別賞・・・教育委員会賞、県PTA協議会会長賞、ともに生きる社会「かながわ憲章」賞
       後援各賞等
 優秀賞・・・全4作品

 ※賞は全て、筆者と「いのちの授業」実践者を表彰します。
 

7 賞 品
 大 賞(知事賞)・・・・知事からの色紙、記念品、図書カード
 特別賞、優秀賞・・・図書カード
 参加賞・・・応募者全員に配付します
 

8 表彰式
 2019年12月上旬を予定
 

9 作文送付先・お問合せ 

 〔電子メールの場合〕inochi4027@pref.kanagawa.jp(pdfファイルで添付)

 〔ファックスの場合〕045-210-8937

 〔郵送の場合〕〒231-8509 横浜市中区日本大通33 
                        神奈川県教育委員会子ども教育支援課
                       「いのちの授業」大賞事務局 (電話:045-210-8292)

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa