令和4年8月12日発行

神奈川県衛生研究所

神奈川県 新型コロナウイルス感染症情報(122)

2022年第31週(8月1日~8月7日)の報告数は、96,535例と、前週の98,738例に比べて減少しています。
8月2日に神奈川県より「かながわBA.5対策強化宣言」が発出されています。適用期間は令和4年8月2日から8月31日までとなっています。詳細は神奈川県のWebページ(かながわBA.5対策強化宣言について)をご覧ください。
暑い日が続いていますので、熱中症予防のためにマスクを外してもよい場面を把握し、適度な水分補給をしましょう。
引き続き感染拡大防止のために、適切な場面でのマスク着用、手洗い、三密の回避等の基本的感染予防の徹底をお願いします。また、神奈川県が公開している情報などで感染時にとるべき行動を確認しておきましょう。

【微生物部長から一言】
しばらく落ち着いていた新型コロナ感染ですが、7月に入るタイミングで第7波の大流行が始まりました。このひと月、いずれかの自治体や国内総数で感染者数過去最多のニュースを聞かない日はないほどで、7月下旬には日本の感染者数が世界最多を記録したと報じられました。もっとも、欧米諸国で全数把握体制を続ける国が少なくなっていることの反映とも捉えられ、世界の潮流が名実ともにWith Coronaへの転換期を迎えていることをうかがわせる事象であるのかも知れません。

変異株の動向については本県域においても、検疫や近隣の東京都・川崎市のデータと同様にBA.5型が目立ちつつある印象です。最近報道で目にすることの増えてきたBA.2.75も含め、これら変異株の性質については世界中で詳細な解析が進行中ですが、感染力の増強や中和抗体への抵抗性が報告されており、より伝播しやすくなっている可能性が考えられます。

感染の広がりを抑えることは依然としてコロナ対策の要諦です。三密を避け、手洗い・会話時のマスク着用といった従来の行動維持を心がけるだけでも抑制効果は期待できます。また、三回目・四回目のワクチン接種は防御能・重症化阻止能を引き上げる効果が確認されており、流行株が変化しても無効にはなっていません。是非とも信頼できる公的情報源を見極め、冷静な御判断をお願いします。

県衛生研究所ではこれまでの検査法の組合せに加えて全ゲノム解読も実施し、医療機関モニタリングも再開してオミクロン株や亜系統・新株の検知・解析に努めております。これからも県民の健康・安全の維持に貢献して参ります。

〇 新型コロナウイルス感染症患者の日別報告数と移動平均線(7days)
(2022年6月16日~8月10日 神奈川県)

移動平均(7days)は、6日前から当日までの7日間の報告数の平均値を示しています。
月曜日は、全体的に患者報告数が少ない傾向にあります。
これは、週末に医療機関が休業することなどの人為的な問題により、PCR検査数が減少するためです。
移動平均では、そうした影響を除外することができるため、全体の感染動向が分かり易くなります。

〇 新型コロナウイルス感染症患者の日別報告数と移動平均線(1month)
 (2020年4月11日~2022年8月10日 神奈川県)

〇 移動平均(7days) 東京都との比較
(2020年3月21日~2022年8月10日)

【神奈川県の新型コロナウイルス感染症】

※患者情報の変更により、前週と数字が異なる場合があります。

(1)新型コロナウイルス感染症の週別報告数

(2)新型コロナウイルス感染症の保健所別報告数

(3)新型コロナウイルス感染症の年齢別報告数

☆新型コロナウイルスとは
新型コロナウイルスは2019年11月頃に中国湖北省武漢市で発生し、世界中に感染が拡大しました。ウイルスはSARS-CoV-2と名付けられ、このウイルスによる疾患はCOVID-19と呼ばれます。国内では2020年1月に初めて感染者が確認されています。2021年2月13日に感染症法が一部改正され、「新型コロナウイルス感染症」は指定感染症から新型インフルエンザ等感染症に位置付けが変わりました。
現在日本国内で大流行しているオミクロン株の主症状はのどの痛みや咳、鼻水など上気道の症状が多く、従来株や他の変異株に比べて味覚・嗅覚異常や肺炎は少なくなっています。

新型コロナウイルス感染症の予防
新型コロナウイルスは、感染している人の咳やくしゃみに含まれるウイルスを直接吸い込んだり(飛沫感染)、ウイルスが付着した手で鼻、口を触れたりすることによって感染します(接触感染)。マスクの着用、石鹸を使った手洗い(できない場合にはアルコール消毒)、3密(密閉、密集、密接)を避ける、などの感染対策を徹底しましょう。
ウイルス除去には、家庭用洗剤(有効な界面活性剤を含むもの)、アルコール(70%以上)、塩素系漂白剤の希釈液(次亜塩素酸ナトリウム0.05%希釈液)、加熱(80℃で10分以上)が有効です。

新型コロナウイルス感染症を疑う症状があったら
新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
☎0570-056774(一部IP電話などつながらない場合は045-285-0536)
注意:保健所設置市(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町)にお住まいの方は、各市のコールセンターにお電話ください。

【新型コロナウイルス関連情報】

神奈川県

厚生労働省

国立感染症研究所