更新日:2022年6月28日

ここから本文です。

雇用要請

神奈川県知事、神奈川労働局長等が直接、県内の経済団体を訪問し、若年者、障がい者、女性及び高年齢者等の雇用機会の確保等について要請を行いました。

 新型コロナウイルス感染症の影響下においても、経済のエンジンを回し、地域社会の活力を維持していくためには、働く意欲と能力のあるすべての人が、生き生きと働くことのできる社会を実現することが求められています。
 そこで、神奈川県知事、神奈川労働局長等が直接、県内の経済団体を訪問し、若年者、障がい者、女性及び高年齢者等の雇用機会の確保等について要請を行いました。

1 要請日

令和4年6月27日(月曜日)

2 要請先

一般社団法人神奈川県商工会議所連合会 会頭 上野 孝

一般社団法人神奈川県経営者協会 会長 野並 直文

一般社団法人神奈川経済同友会 代表幹事 石渡 恒夫、代表幹事 片岡 達也

神奈川県商工会連合会 会長 関戸 昌邦

神奈川県中小企業団体中央会 会長 森 洋

3 要請内容

新型コロナウイルス感染症の影響下における雇用維持について

新規学卒者について

就職氷河期世代への支援について

若年者、障がい者、女性及び高齢者の雇用機会の確保について

就職にあたって困難を抱える者等の働きやすい職場環境の整備等について

新しい生活様式を踏まえた働き方改革について

4 要請者

神奈川県知事 黒岩 祐治

神奈川労働局長 西村 斗利

 

(参考資料)

要請書(新型コロナウイルス感染症の影響下における雇用機会の確保等について)(PDF:736KB)(別ウィンドウで開きます)

要請書別紙(PDF:180KB)(別ウィンドウで開きます)

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 労働部雇用労政課です。