ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 紅葉坂舞台塾を開講し、塾生を募集します

初期公開日:2023年8月8日更新日:2023年8月8日

ここから本文です。

紅葉坂舞台塾を開講し、塾生を募集します
令和5年度、新たな取組としてスタートします!

2023年08月08日
記者発表資料

神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
この取組の一環として、青少年が舞台芸術に関する様々な分野を複合的に学ぶことで、コミュニケーション力、表現力、社会性を持つ人材を育成する「紅葉坂舞台塾」を今年度から、新たに開講し、塾生を募集します。

1紅葉坂舞台塾の概要

(1)目的

舞台上にとどまらないコミュニケーション力、表現力、社会性を持つ人材の育成を目的とし、ダンスや演技等の舞台芸術に関する様々な分野を複合的に学ぶことができ、青少年が舞台芸術の世界に入るきっかけをつくります。

令和5年12月から神奈川県立青少年センターでレッスンを行い、令和6年3月には神奈川県立青少年センタースタジオHIKARIで成果発表公演を開催します。

URL:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/momijizakastage.html

(2)講師

講師はダンスカンパニー「CHAiroiPLIN(チャイロイプリン)」のメンバーが務めます。

【CHAiroiPLIN】

チャイロイプリン写真

撮影:おおたこうじ

スズキ拓朗を中心に結成されたダンスカンパニー。キャストを個性溢れる演劇人とダンサーで構成し、台詞・歌・オノマトペなどをふんだんに取り入れながら〈ダンス×演劇〉というコンセプトの下、エンターテイメント性の高い、老若男女が楽しめる舞台の実現という目標を掲げ、表現の多様性・豊かさ・既成概念にとらわれないパフォーマンスの模索、新たな舞台芸術の可能性を強く打ち出す公演を2007年より続けている。

【スズキ拓朗】

スズキ拓朗

撮影:許斐祐

CHAiroiPLIN主宰。コンドルズ所属。

おどる童話「AZUKI」(2019年、神奈川県立青少年センタースタジオHIKARI)で、令和元年度文化庁芸術祭新人賞受賞。紅白歌合戦、FNS歌謡祭出演ほか、フィリップ・ドゥクフレなど客演。横浜DanceCollectionEX奨励賞、第46回舞踊批評家協会新人賞。第9回日本ダンスフォーラム賞、若手演出家コンクール2013最優秀賞など受賞多数。2016年度から公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

2塾生の募集について

(1)応募資格

  • 令和5年4月1日時点で15歳以上29歳以下の方
  • 舞台芸術の世界に興味があり、原則すべてのレッスンに参加できる方(レッスン日程はホームページをご覧ください。)

URL:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/momijizakastage.html

(2)募集期間

令和5年8月10日(木曜日)から10月20日(金曜日)

(3)募集人数

20名程度

(4)応募方法

Web上の応募フォームにより募集します。

URL:https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_detail?tempSeq=50784

募集チラシ(PDF:3,781KB)

問合せ先

神奈川県国際文化観光局

マグカル担当課長 中里
電話 045-285-0760

文化課副課長 前田
電話 045-210-3801

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。