更新日:2022年12月23日

ここから本文です。

能楽ワークショップ

神奈川県では、日本の伝統芸能を身近に感じてもらうため、能楽ワークショップを開催します。能のセリフをうたったり、能装束を実際に着てみたり、親子で楽しく「能楽」の面白さ、奥深さを学べます。ぜひ、ご家族でチャレンジしてみてください! 

 

ロゴマーク

過去のワークショップ写真

以前に開催したワークショップの模様(会場:県立青少年センター等)

ワークショップ概要

横浜会場

日時 令和5年3月4日(土曜日) 10時30分から12時30分まで
会場

県立青少年センター 3階練習室

(横浜市西区紅葉ケ丘9-1:桜木町駅下車徒歩約10分)

内容(予定)

1 能の歴史を学ぼう

2 能を体験してみよう(謡曲)

3 能装束の着付実演

4 能ミニ観賞

5 質問コーナー

※詳細は下記の案内をご覧ください。

令和4年度能楽ワークショップ(横浜・茅ヶ崎会場)案内(PDF:2,044KB)

定員 25名

相模原会場

日時

1日目:令和5年3月12日(日曜日)

・1回目:11時から12時30分まで

・2回目:14時から15時30分まで

2日目:令和5年3月20日(月曜日) 17時から17時30分まで

※1日目は、同じ内容を2回開催します。

※2日目は、1日目参加者のうち希望者のみ参加可能です。

※1日目のみ参加希望の方は足袋又は綿の靴下、両方参加希望の方は足袋を御持参ください。

会場

1日目:松山能舞台(相模原市南区相模大野2-17-7:相模大野駅下車徒歩約10分)

2日目:相模女子大学グリーンホール 大ホール

(相模原市南区相模大野4-4-1:相模大野駅下車徒歩約10分)

内容(予定)

1日目

1 すり足・足拍子体験

2 能面・能装束体験

3 太鼓・小鼓体験

4 仕舞「鶴亀」鑑賞

2日目

1 能公演で使用する舞台でのすり足体験

※詳細は下記の案内をご覧ください。

令和4年度能楽ワークショップ(相模原)案内(PDF:1,016KB)

定員 各20名(2日目は、1日目参加者のうち希望者のみ参加可能)

茅ヶ崎会場

日時 令和5年3月25日(土曜日) 10時30分から12時30分まで
会場

茅ヶ崎市総合体育館 オーケストラ練習室

(茅ヶ崎市茅ヶ崎1-9-63:茅ケ崎駅下車徒歩約10分)

内容(予定)

1 能の歴史を学ぼう

2 能を体験してみよう(謡曲)

3 能装束の着付実演

4 能ミニ観賞

5 質問コーナー

※詳細は下記の案内をご覧ください。

令和4年度能楽ワークショップ(横浜・茅ヶ崎会場)案内(PDF:2,044KB)

定員 30名

講師 

横浜・茅ヶ崎会場:中森 貫太 (観世流シテ方、重要無形文化財総合指定保持者) ほか

(講師ホームページはこちら(別ウィンドウで開きます)

相模原会場   :松山 隆雄 (観世流シテ方、重要無形文化財総合指定保持者) ほか

(講師ホームページはこちら(別ウィンドウで開きます)

ワークショップの申込みについて

対象

小中学生とその保護者
※小中学生のみの参加も可能です。

参加料金

1人1,000円 
(ワークショップ当日お持ちください)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、横浜・茅ヶ崎会場については保護者の見学は不可とします。(お子様と一緒に参加いただくことは可能です。)
※相模原会場については、保護者の見学は参加者1名につき1名までとします。

応募締切

令和5年2月20日(月曜日)<必着>

参加者の決定

・定員を超えた場合は抽選となります。
・抽選の有無に関わらず、応募者の方全員にメールで令和5年2月24日頃までに連絡いたします。

注意事項

・応募の際に住所等の記入漏れがあった場合には、無効となることがあります。
・新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

インターネットによる申込み方法

以下のe-kanagawa電子申請よりお申込みください。

【横浜・茅ヶ崎会場】お申込みフォーム(別ウィンドウで開きます)

横浜・茅ヶ崎会場申込用QRコード

 

【相模原会場】お申込みフォーム(別ウィンドウで開きます)

相模原会場申込用QRコード

個人情報の取扱い

提供いただいた個人情報は、本事業に関する業務以外の目的では使用しません。

このページに関するお問い合わせ先

国際文化観光局 文化課

国際文化観光局文化課へのお問い合わせフォーム

文化事業グループ

電話:045-210-3808

内線:3822

ファクシミリ:045-210-8870

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。