ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 地域振興 > 移住・定住 > 令和4年度に開催した移住セミナー・相談会

更新日:2022年8月17日

ここから本文です。

令和4年度に開催した移住セミナー・相談会

令和4年度に開催した神奈川県の移住セミナー・相談会に関する情報を掲載しています。

第3回神奈川県移住セミナー
\アノまちコノまち井戸端会議!/
海・山選べる‟かながわ”でテレワーク移住

 

今、時間や場所の制約を受けない柔軟な働き方に注目が集まっています。
交通アクセスのよい神奈川県内には、海辺のまちで、あるいは森の中で、
心も体もここちよい空気にとけこみながら快適にテレワークできる場所がたくさんあります。

今回のセミナーには、相模原市・三浦市・松田町・湯河原町が登場し、それぞれの市町の魅力のほか、先輩移住者たちの生の声をお届けします。
また、皆様のご質問にお答えするとともに、ご参加の皆様とフリートークを行う座談会を予定しています。ぜひカメラをオンにしてご参加ください。
テレワーク移住のヒントがたくさん詰まっていますので、お楽しみに♪

 

※本セミナーは、WEB会議アプリ(ZOOM)を使用したオンライン形式のセミナーです。

 

開催日時

令和4年7月29日(金曜日)18時00分から19時40分まで

開催場所

WEB会議システム「Zoom」を使用します。
「ZOOM」のご利用方法については、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターのサイト(Zoomご利用ガイド)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

参加市町

相模原市・三浦市・松田町・湯河原町

参加費 無料
定 員

20名(事前予約制)

申込締切 令和4年7月26日(火曜日)
主 催

神奈川県

共 催

認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

申込方法

お申込みフォーム→以下のURLからアクセスしてお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScDaBK9rI9rXEh2iGeQm0z9M4j7Q1Xgnh8u6LfE4gMz1IIGQg/viewform
 

<お問合せ先>

ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター

電話番号

(移住相談員)070-4127-5905

(代表)03-6273-4401

メールアドレス:kanagawa@furusatokaiki.net

※ご提供いただいた個人情報は、移住定住関連の情報提供の目的に限り、神奈川県と参加市町村、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターで共有を行い、その目的以外に使用しません。

参加方法等

セミナーに参加するためのZOOMのID・パスワード・URLをセミナー前日までにメールでお送りします。

※万が一、当日になってもメールが届かない場合は、ご連絡ください。

※メールは申込みの際にご連絡いただいたメールアドレスあてにお送りします。ご入力の際には、お間違いのないようご注意ください。

インターネット通信が可能な端末と環境をご用意ください。

※通話・通信料はご自身での負担となります。(Wi-Fi環境でのご利用をおすすめします。)

ご参加方法に不安がある場合は、上記「お問合せ先」記載の連絡先へ事前にご相談ください。

 

☆市町村・ゲストスピーカー情報☆

【相模原市】佐藤 鉄郎(さとう てつお)さん
相模原市 佐藤さん
(一社)藤野観光協会の事務局長である佐藤さんは、東京都三鷹市から相模原市緑区へ移住。
縁あって観光協会の仕事に従事し、今年で10年目。
「藤野が好きだ、藤野で何か面白いことをやってみたい」そんなふうに考える人にこそ移り住んでほしいという想いで移住促進に取り組んでいます。また、日帰りで里山ライフを体験できる「藤野里山体験ツアー」も運営しています。


【三浦市】新城 宏明(あらしろ ひろあき)さん
三浦市 新城さん
AAD.POOLエーエーディプール 一級建築士事務所 代表
海辺のカフェ&コワーキングスペースBAYSIDE SHARE 三浦海岸 店主
2020年に都内から三浦半島へ移住し、2021年4月に三浦市の三浦海岸にコワーキングスペースをオープン。
現在はコワーキングスペースにて設計業をし、週に一度、都内へ打ち合わせに行く生活を送っています。


【松田町】三好 琢(みよし たく)さん

松田町三好さん

地域振興を目的とした事業を展開するNPO法人『アシガラパートナーズ』の代表として、
松田町の創生拠点施設『スプラポ』内でコワーキングスペース『Ar』を運営。
自然豊かな環境にありながら駅近で利便性抜群な『Ar』の良いところをご紹介させて頂くとともに、
地域活性化事業を実施する中で感じた松田町の魅力についてお話しします。

 

 

【湯河原町(移住サポーター)】小倉 将(おぐら しょう)さん

湯河原町小倉さん 東京にオフィスで構えるIT企業で半リモート生活を送っています。
 2020年にコロナが流行し、生きるとはなにかを改めて見つめ直すきっかけになり、生まれ育った都市圏から湯河原町へ移住。
 湯河原町では週2~3日の温泉と、月数回のボート釣りをしながら仕事と生活を楽しんでいます。
 余生を楽しむ時代から、今を全力で楽しんで生きる時代へ。そんな生き方を考えられる方々に湯河原町の海と山と豊かな風に包まれた生活の一部をお伝えできればと思います。

 

 

 

 

 

 

☆セミナーのチラシは以下のPDFファイルををご覧ください。
第3回神奈川県移住セミナーのチラシ(PDF:764KB)(別ウィンドウで開きます)

第2回神奈川県移住セミナー
\みんなで話そう!/
湘南でテレワーク移住

調べただけじゃ分からない…
行っただけじゃ分からない…
テレワークしてみなきゃ分からない…

今回のセミナーは、茅ヶ崎市・逗子市・二宮町が参加し、それぞれの市町の魅力のほか、先輩移住者たちの生の声をお届けします。
また、皆様のご質問にお答えするとともに、「テレワーク」をテーマにご参加の皆様とフリートークを行う座談会を予定していますので、ぜひカメラをオンにしてご参加ください。

テレワーク移住のヒントがたくさん詰まっていますので、お楽しみに♪

本セミナーは、WEB会議アプリ(ZOOM)を使用したオンライン形式のセミナーです。

開催日時

令和4年6月26日(日曜日)15時00分から16時30分まで

開催場所

WEB会議システム「Zoom」を使用します。
「ZOOM」のご利用方法については、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターのサイト(Zoomご利用ガイド)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

参加市町

茅ヶ崎市 逗子市 二宮町

参加費 無料
定 員

20名(事前予約制)

申込締切 令和4年6月22日(水曜日)
主 催

神奈川県

共 催

認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

参加方法等

セミナーに参加するためのZOOMのID・パスワード・URLをセミナー前日までにメールでお送りします。

※万が一、当日になってもメールが届かない場合は、ご連絡ください。

※メールは申込みの際にご連絡いただいたメールアドレスあてにお送りします。ご入力の際には、お間違いのないようご注意ください。

インターネット通信が可能な端末と環境をご用意ください。

※通話・通信料はご自身での負担となります。(Wi-Fi環境でのご利用をおすすめします。)

ご参加方法に不安がある場合は、上記「お問合せ先」記載の連絡先へ事前にご相談ください。

☆市町村・ゲストスピーカー情報☆


池田 一彦(いけだ かずひこ)さん

2021年に夫婦で株式会社beを設立し、コワーキング&ライブラリー「Cの辺り」を運営。
ちょっと変わった名前の由来は、茅ヶ崎の海のシンボル的モニュメント「サザンC」の目の前にあるから。
”自由と多様性にあふれる人のつながりから豊かな関係資本を育み、金融資本だけに頼らない、本当に幸せなあり方を探求していきたい”
今回は、そんな想いから生まれる魅力的な取組みの数々と、「Cの辺り」を利用する方々のお話をちょこっと紹介します。


逗子市の注目ポイント

逗子は都心から電車や車でわずか1時間。JRと京浜急行線の2線利用でき、始発もあるので座って通勤が可能です。
また、そのアクセスの良さと、山・海に囲まれた豊かな自然で、気軽にワーケーションができます。
当日は、ワーケーションPR動画と市内ワークスペース事業者であるAMIGOHOUSEの大倉さんのお話を動画でご紹介します。
アクティビティやレジャー・体験、街並みや人々など「逗子の魅力」を見つけてください。


移住者の方と二宮町が大好きな皆さん

「身近に海、山があり、自然をいつでも感じられます」
「東海道線で座って通勤できる」
「人とのつながりが心地よいです」
「まちで活動している方が多く、町内のイベントが活発」
にのみやLifeを満喫する先輩移住者の皆さんが、テレワークをはじめ、二宮町での暮らしぶりをお話するほか、
相談者の方からのさまざまな疑問にお答えします。

 

☆セミナーのチラシは以下のPDFファイルををご覧ください。
第2回神奈川県移住セミナーのチラシ(PDF:545KB)(別ウィンドウで開きます)

第1回神奈川県移住セミナー
今日からスタート 私の移住プロジェクト
ーかながわでお試し移住ー

調べただけじゃ分からない…

行っただけじゃ分からない…

試してみなきゃ分からない…

今回のセミナーは、小田原市・三浦市・箱根町・清川村が参加し、それぞれの市町村の魅力のほか、「お試し移住」で体験できる内容や、実際にお試し移住を利用した方の声をお届けします。

先輩移住者も出演予定です!
 

※本セミナーは、WEB会議アプリ(ZOOM)を使用したオンライン形式のセミナーです。

開催日時

令和4年5月29日(日曜日)15時00分から16時45分まで

開催場所

WEB会議システム「Zoom」を使用します。
「ZOOM」のご利用方法については、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターのサイト(Zoomご利用ガイド)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

参加市町村

小田原市 三浦市 箱根町 清川村

参加費 無料
定 員

なし(完全予約制)

申込締切 令和4年5月25日(水曜日)
主 催

神奈川県

共 催

認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

参加方法等

セミナーに参加するためのZOOMのID・パスワード・URLをセミナー前日までにメールでお送りします。

※万が一、当日になってもメールが届かない場合は、ご連絡ください。

※メールは申込みの際にご連絡いただいたメールアドレスあてにお送りします。ご入力の際には、お間違いのないようご注意ください。

インターネット通信が可能な端末と環境をご用意ください。

※通話・通信料はご自身での負担となります。(Wi-Fi環境でのご利用をおすすめします。)

ご参加方法に不安がある場合は、上記「お問合せ先」記載の連絡先へ事前にご相談ください。

<ゲストスピーカー情報>

コアゼ ユウスケさん

小田原市ゲストスピーカーTipy records inn 代表
小田原駅徒歩3分、空き家を利用した全室個室ゲストハウスTipy records innを運営。
小田原の魅力を日々発信しながら、お試し移住も実施。
誰かの何かがはじまっちゃうキッカケを数々と提供しています。
今回は、お試し移住の体験内容や実際に利用された方の声をお届けします。

 

 

菊地 未来(きくち みく)さん

三浦市ゲストスピーカー

三浦市出身。大学では建築を専攻し、地元の空き家問題に危機感を持ったことから、2018年に合同会社MISAKI STAYLE(ミサキステイル)を設立。「三浦の入口・窓口」として移住・創業・空き家相談、朝めし屋を手がけています。
 

 

 

 

 

鈴木 清隆(すずき きよたか)さん

箱根町ゲストスピーカー

民間移住支援団体「HakoneStayle(ハコネステイル)」代表
東京都出身。2014年移住。移住後は、消防団や地域の観光協会などでも活躍。
その後、不動産業を始め、現在は2019年に設立したHakoneStayle代表として、移住や不動産相談、トライアルステイ(お試し居住)の運営を行っています。
 

 

 

 

 

☆セミナーのチラシは以下のPDFファイルををご覧ください。
第1回神奈川県移住セミナーのチラシ(PDF:805KB)

 

※令和3年度以前に開催した移住セミナーの情報は 過去に開催した移住セミナー・相談会のページに掲載しています。

 

移住・定住トップページへ

 

このページに関するお問い合わせ先

政策局 自治振興部地域政策課

政策局自治振興部地域政策課へのお問い合わせフォーム

地方創生グループ

電話:045-210-3275

内線:3275

ファクシミリ:045-210-8837

このページの所管所属は政策局 自治振興部地域政策課です。