未病バレー「ビオトピア」

掲載日:2021年3月18日

ロゴ

「未病の戦略的エリア」をアピールするための拠点づくりへ。

県では、株式会社ブルックスホーディングス及び大井町と連携し、県西地域を「未病の戦略的エリア」であることをアピールする拠点として『未病バレー「ビオトピア」(me-byovalley“BIOTOPIA”)』の設置を推進しています。
この施設は、「未病」についての情報発信機能や地域の活性化につなげるための「にぎわい」の創出機能などを持つ施設として、株式会社ブルックスホールディングスが整備・運営を担っており、段階的に整備が行われます。
県では、未病バレー「ビオトピア」内で、未病を知り、楽しみながらライフスタイルを見直すきっかけとなる体験型施設「me-byoエクスプラザ」を運営しています。
「me-byoエクスプラザ」の詳しい内容は、次のホームページをご覧ください。

詳細ページへ

未病バレービオトピア

未病バレー「ビオトピア」紹介ページ

未病バレー「ビオトピア」の詳しい内容は、次のホームページをご覧ください。

詳細ページへ

これまでの取り組み

2018年6月に未病バレー「ビオトピア」のオープニングイベントの締めくくりとして、「ME-BYOフェスタ2018」を開催しました。

2018年3月に未病バレー「ビオトピア」の第1期オープンの日程とオープニング記念イベントを発表しました。

2017年6月に「未病いやしの里センター(仮称)」の名称が決定しました。

県は2016年7月に「未病いやしの里センター(仮称)」に関する協定を締結しました。

県は2015年8月に「未病いやしの里センター(仮称)」の最優秀提案を採択しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。