定期検査

掲載日:2021年1月5日

定期検査について

 商店、工場、事業所等で取引又は証明に使用する「はかり」(特定計量器)は、正確性を保持し、計量取引の安全を図るため、2年に一度、定期的に検査を受検することが義務付けられています。検査に合格したはかりには、検査年月の入った定期検査済証印が附されます。

定期検査の画像定期検査の画像2

 神奈川県では、県内市町村(特定市を除く)が窓口になって、2年ごとに検査を実施しています。なお、検査実務は、指定定期検査機関である公益社団法人神奈川県計量協会が行っています。

 使用地が特定市(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、小田原市、茅ケ崎市、厚木市、大和市)の場合は特定市が検査を実施していますので、特定市お問い合わせ先を参考にして特定市の担当部署へお問い合わせください。(PDF:68KB)

 

定期検査の実施区域・実施期日について

 

定期検査の免除について

 検定日または製造日の翌月1日から1年以内(平成31年3月以前の検定日または製造日の場合は、免除期間が3年以内になる場合があります。)に行われる定期検査は免除となります。

 また、事前(実施期日より1年以内)に計量士による代検査を受けた場合も定期検査は免除となります。ただし、代検査を受けた場合は、計量士の証明書を添えて、県に代検査を受けた旨の届出をする必要があります

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。