ホーム > くらし・安全・環境 > 身近な生活 > 飲料水・上下水道 > 企業局水道部浄水課ホームページ > 県営水道における放射性物質検査結果について

更新日:2022年11月1日

ここから本文です。

県営水道における放射性物質検査結果について

神奈川県営水道における放射性物質の検査結果を掲載しています。

 平成24年4月1日から水道水中の放射性セシウムに関する新たな目標値(10Bq/kg)が適用されました。
 これを受けて県営水道ではお客さまにお届けする水道水の安全性を確認するため、平成24年4月から検査体制を見直し、ゲルマニウム半導体検出器を用いて精密な検査を行っており、その結果を公表しています。

 県営水道は次の12市6町に給水しています。(詳しい給水区域は「県営水道の給水区域」のページでご確認ください)

kyuusuikuiki_housyanou2

相模原市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市(一部)、茅ヶ崎市、逗子市、厚木市、大和市、伊勢原市、
海老名市、綾瀬市、葉山町、寒川町、大磯町、二宮町、箱根町(一部)、愛川町(一部)

 「不検出」とは、放射能濃度を測定する装置が測定可能な最低の濃度(検出限界値(約1))を下回ったことを表します。

令和4年度における検査結果【単位:Bq(ベクレル)/kg(キログラム)】

【水道水中の放射性セシウムの目標値:10Bq/kg】

検査地点 水源 検査結果
寒川浄水場 原水 相模川(表流水)

5月、8月

不検出

浄水

5月、8月

不検出

谷ケ原浄水場 原水 相模川(表流水)

4月、7月、10月

不検出

浄水

4月、7月、10月

不検出

落合浄水場 浄水 栃谷川(表流水)

5月、8月

不検出

鎌沢浄水場 浄水 佐野川(表流水)

5月、8月

不検出

和田浄水場 浄水 沢井川(表流水)

4月、7月、10月

不検出

大山浄水場 浄水 大山川(表流水)

4月、7月、10月

不検出

鳥屋浄水場 浄水 早戸川(伏流水)

4月、7月、10月

不検出

イタリー浄水場 浄水 湧水

6月、9月

不検出

品ノ木浄水場 浄水 湧水

6月、9月

不検出

水土野浄水場 原水 湧水

6月、9月

不検出

 ※検査は年4回実施

 

放射性物質に係る検査機関及び検査方法等

検査実施機関 神奈川県企業庁 水道水質センター
検査方法 ゲルマニウム半導体核種分析法
検出限界値(Bq/kg) セシウム134 約1
セシウム137 約1

 

神奈川県内広域水道企業団の検査結果についてはこちらをご参照ください。

https://www.kwsa.or.jp/radio-active/suidousui/index.html

 

過去の検査結果についてはこちらをご参照ください。

令和3年度(PDF:77KB)

令和2年度(PDF:57KB)

令和元年度(PDF:57KB)

平成30年度(PDF:85KB)

平成29年度(PDF:84KB)

平成28年度(PDF:54KB)

平成27年度(PDF:84KB)

平成26年度(PDF:85KB)

平成25年度(PDF:84KB)

平成24年度(PDF:57KB)

平成23年3月から平成24年3月まで(PDF:67KB)

 

県営水道における放射性物質検査に関するQ&A

お客様から多く寄せられた質問をもとに、Q&Aをまとめました。(平成26年3月26日改定)

Q&Aは「県営水道における放射性物質検査に関するQ&A(H26年3月26日一部改正)」のページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は企業局 水道部浄水課です。