神奈川県内の家畜排せつ物の処理状況

掲載日:2020年8月26日

家畜排せつ物法とは

  • 家畜排せつ物は、「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律(家畜排せつ物法)」により、適切に管理することとされています。
  • 家畜排せつ物法は
    (1)家畜排せつ物の管理の適正化
    (2)利用の促進
    を図ることにより、畜産業の健全な発展に資することを目的とした法律です。

農林水産省「家畜排せつ物法とは」(別ページが開きます)

神奈川県内の家畜排せつ物の処理の現状

  • 神奈川県内の畜産農家340戸のうち、292戸が家畜排せつ物法の対象となる畜産農家です。現在、対象となるすべての畜産農家が法に定める管理基準に基づいた管理を行っています。
  • 具体的には、たい肥舎や発酵舎などの恒久的な施設の整備を行っている農家が249戸で全体の85.2%を占めています。また、ビニールシートなど簡易な方法により対応している農家が6戸、適正な施肥による畑地還元など施設によらない方法をとっている農家が37戸となっています。
神奈川県内の家畜排せつ物法の対応状況(平成29年12月1日時点)
法対象農家 恒久的な施設の整備による対応:249戸(85.2%)
ビニールなど簡易な方法による対応:6戸(2.1%)
施設整備によらない対応:37戸(12.7%)
計:292戸(100%)
法対象外農家 48戸
備考:畜産課調べ

参考:農林水産省「家畜排せつ物法施行状況調査結果(平成29年12月1日時点)」

  • 県は、資源循環社会への取り組みとして、家畜ふんの適正な処理・活用による環境の保全や土づくり、環境負荷の低減が大変重要なものと考えており、畜産農家のできるリサイクルとして、家畜ふんを有効資源として循環利用する取り組みをすすめています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa