寄附金の活用状況

掲載日:2020年8月24日

寄附金はさまざまな事業に有効に活用させていただいております

各事業に対する寄附金の活用状況

各局の施策に対する寄附金の活用状況

各事業に対する寄附金の活用状況

令和元年度における各事業の寄附金の活用額、活用状況は次のとおりです。

基金・事業名 寄附金活用額(円) 活用状況
あらゆる人が文化芸術に触れ笑顔になれる社会を! 3,716,000 オーケストラが小・中学校や特別支援学校等で演奏会を実施し、多くの方々が文化芸術に触れ、あらゆる人が笑顔になれる社会の実現のための取組を推進した。
児童相談所などの子どもたちに笑顔を! 2,628,154 児童が保護所や施設で共有して使用することができる書籍、玩具、スポーツ用品及び、電気機器を購入するために活用した。
誰もが一緒にスポーツできる環境を! 1,604,100 競技用車いすなどパラスポーツ用具の整備に寄附金を活用し、体験会等での利用、市町村や関係団体等に貸出すなど「かながわパラスポーツ」を推進した。
かながわペットのいのち基金 11,706,927 県動物愛護センターに保護された犬や猫のケガや病気の治療、人と暮らすためのしつけを行うなど、新しい飼い主への譲渡につなげるための取組に活用した。
神奈川県まなびや基金 34,982,967

県立学校等の教育環境改善のため、プロジェクター等の物品購入17件、照明器具の改修1件、空調設備設置2件、部室棟の改修等のその他の工事5件を実施した。

神奈川県奨学金基金 5,560,018 神奈川県奨学金基金に積み立てて、学資を必要とする高校生への奨学金貸付事業の原資として活用した。
かながわトラストみどり基金 127,976,728 基金の一部を取崩し、藤沢市と鎌倉市にまたがるトラスト緑地「川名緑地」の一部買入れに活用。また、小網代の森緑地(三浦市)をはじめとする緑地の維持管理費としても活用した。
神奈川県水源環境保全・再生基金 2,387,000 将来にわたり良質な水を安定的に県民の皆様が利用できるようにするための水源環境保全・再生に向けた取組を行った。
かながわ森林基金 5,066,832 森林の有する水源のかん養、自然環境の保全、木材の供給その他の機能を高度かつ継続的に確保できる森林を育成するために活用した。
かながわボランタリー活用推進基金21 79,673 基金に積み立て、地域や社会の課題解決に向けたボランタリー団体等の取組を支援する事業の財源として活用した。

 

このページの先頭へ戻る

各局の施策に対する寄附金の活用状況

令和元年度における各局の施策の寄附金の活用額、活用事業、活用状況は次のとおりです。

局名 寄附金活用額(円) 活用事業 活用状況
政策局 660,005 政策局総務室運営費 政策局の円滑な運営のための経費に寄附金を活用し、新たな政策課題に対応する施策の検討や計画の策定などの推進を図った。
総務局 80,005 総務局運営諸費 総務行政全体の運営の下支えに寄附金を活用し、総務局内及び総務室の適切な運営を図った。
くらし安全防災局 462,000 交通安全教育事業費 幼児交通安全指導実技研修会を実施するための経費に寄附金を活用し、幼児期におけ交通安全意識の醸成を図った。
国際文化観光局 490,005 国際文化観光行政推進諸費 国際交流、文化振興、観光振興などの国際文化観光局所管の事業を円滑に実施するための経費に寄附金を活用し、施策の着実な推進を図った。
スポーツ局 270,005 スポーツ行政推進諸費 スポーツ局の円滑な運営のための経費に寄附金を活用し、スポーツ施策の総合的、計画的な推進を図った。
環境農政局 140,005 循環型社会づくり推進事業費 「かながわプラごみゼロ宣言」の実現に向け、廃プラスチックの再生利用を推進するための経費に寄附金を活用した。
福祉子どもみらい局 680,946 ともに生きる社会実現推進事業費 共生社会実現への共感を広げていくための経費に寄附金を活用した。
健康医療局 360,005 風しん対策広報戦略事業費 風しんを流行させない、先天性風しん症候群を出さないため、企業等と連携し、抗体保有率が低い働き盛りの男性を主な対象とした広報活動等に活用した。
産業労働局 90,005 工芸産業振興事業費 寄附金を活用し、箱根寄木細工、小田原漆器、鎌倉彫をはじめとする工芸品関連産業の持続的発展に向けて、技術的な支援を行った。
県土整備局 1,100,005 土木施設生活関連即応措置費 緊急に措置を要する急傾斜地等土木施設の整備補修に活用した。
県土整備局 300,000 平成31年災害復旧費 台風第19号により被災した土木施設の災害復旧事業に活用した。
教育局 720,005 設備備品等整備費 県立高校の備品等について、老朽化等による更新に寄附金を活用し、県立高校の円滑な管理運営を図った。

 

このページの先頭へ戻る


 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa