県道42号(藤沢座間厚木)

掲載日:2020年6月30日

事業概要

本路線は、藤沢市葛原の県道22号(横浜伊勢原)新東山田交差点を起点とし、綾瀬市、海老名市、座間市を経由、相模川を跨ぎ、厚木市下荻野の県道63号(相模原大磯)三田小入口交差点に至る、湘南地域と県央地域を結ぶ主要な幹線道路です。

このうち、厚木市内では、県央地域の東西を連絡し、さがみ縦貫道路の県央厚木ICとのアクセスを強化するとともに、厚木市街の交通渋滞緩和を図る外郭環状道路を形成する重要な道路ですが、一部区間が未整備となっています。

そこで、未整備区間の道路を新設し、県央地域の体系的な道路ネットワークを構築するとともに、広域・地域の利便性の向上や国道129号、国道246号のほか県道から生活道路に至るまで、交通渋滞の緩和、交通安全の確保を図るため、平成22年度から実施しているものです。

事業計画

  • 事業箇所 : 厚木市 三田 ~ 下荻野 地内
  • 事業延長 : 約1,170m(高架部 約380m、平面部 約790m)
  • 道路幅員 : 22.0m
  • 供用目標 : 令和8年度以降

位置図

藤沢座間厚木位置図

整備状況

藤沢座間厚木写真1
高架部遠景(橋りょう下部工)(2020.2撮影)
藤沢座間厚木写真2
 高架部近景(橋りょう基礎工事)(2020.4撮影)