6.相手の反応を遅らせたい

掲載日:2015年4月1日

ストロークを工夫してサーブを工夫して

 

ストロークを工夫して

(1)オーバーハンドストローク

同じフォームからのスマッシュ、ドロップの打ち方【動画(WMV:656KB)

相手を惑わせるようにオーバーハンドストロークの同じフォームから打ちわけをする。

たとえばスマッシュと見せかけて、ネット前にドロップを打つなど。

 

同じフォームからのクリア、ドロップの打ち方【動画(WMV:711KB)

相手を惑わせるようにオーバーハンドストロークの同じフォームから打ちわけをする。

たとえばクリアと見せかけて、ネット前にドロップを打つ。

 

(2)アンダーハンドストローク

ヘアピン、ロブ、ドライブの使い分け【動画(WMV:696KB)

 

相手を惑わせるようにアンダーハンドストロークの同じフォームから打ちわけをする。

たとえば低いロビングなど。

 

サーブを工夫して

(1)フォアハンドからのサーブ【動画(WMV:2,003KB)

シングルスでは、ロングサーブを使用することが多いが、同じフォームから、ショートサーブ打を打つことで、相手を惑わすことができる。

 

(2)バックハンドからのサーブ【動画(WMV:1,854KB)

フォアハンドよりバックハンドのほうが、ショートサーブは打ちやすい。しかし、ショートサーブばかりでは相手に分かってしまうので、同じフォームからロングサーブも打つことで相手を惑わすことができる。

 

教育用画像素材集のバナー

本コンテンツは、IPA「教育用画像素材集」のデータをもとに構成されています。

ご覧の際には、必ずIPA「教育画像素材集」利用規約をご覧ください。

 

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa