生活支援ロボットのモニター制度

掲載日:2020年8月28日

生活支援ロボットを施設(ご自宅)などで使ってみませんか

生活支援ロボットの購入やリースを考えている方に、安心して導入していただけるよう、事前に一定期間ロボットを試していただける制度です。施設等をはじめ、個人の方でもお申し込みいただけるロボットもありますので、導入を検討している方はぜひご活用ください。

令和2年度の募集について

1 募集期間 

令和2年9月1日(火曜日)から令和3年1月20日(水曜日)まで

2 モニター募集対象

県内の介護・障がい者(児)施設、医療機関、学校等
※ロボットによっては、県内在住の個人の方も申し込み可能です。

3 モニターの流れ(モニター期間は2週間~1ヶ月程度)

(1) 毎月末頃、県からモニター決定の連絡。その後メーカーがロボットを持参又は配送。
(2) ロボットは定められた期間内で試用していただいたのち、メーカーが定める方法で返却。
(3) 県や各メーカーが実施する簡単なアンケートへの回答。

  • 返送料金がかかる場合は、モニター側の負担となる場合があります。ロボットによっては、メーカーが直接回収に伺うものもありますので、詳細はお問い合わせください。なお、返送料金以外に費用はかかりません。
  • ロボットの詳細は、ロボット一覧(PDF:447KB)(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。「個人申込可」と記載のあるものは、個人の方も申し込み可能です。
  • モニター実施期間は、ロボットによって異なります。

4 応募方法

5 注意事項

  • モニターの受付は毎月20日締めで行います。(20日が土日祝日の場合は前開庁日が締切となります。)
  • モニターの決定については、モニター実施希望月の前月末頃にご連絡いたします。
  • 応募者多数の場合は、モニター実施希望月毎に抽選となりますのでご了承ください。
  • 頂いた個人情報は、モニターの選考と実施のためにのみ、神奈川県とメーカーが利用します。それ以外の目的には使用しません。メーカーが保持している個人情報は、モニター期間終了後に廃棄されます。
  • モニター終了後、ロボットの導入状況について県から問い合わせることがあります。

 

RT2 zukku    powerassisthand    
対象ロボットの例

 

ロボットは随時募集しています!

  • ご応募いただいたロボットは、県の方で選定のうえモニター制度の対象とさせていただきます。本事業の趣旨をご理解いただき、通常使用範囲内での破損等はメーカー様がご負担いただくことをご了承ください。
  • 基本的なモニター実施期間は1ヶ月ですが、有償(通常より安価)でのモニターや1ヶ月以外の期間設定も可能ですので、ご相談ください。併せて、災害対応・インフラ点検ロボットなど、公共機関等での利用を希望するロボットも募集しております。
  • アンケート結果を提供しますので、製品改良にお役立てください。
  • その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

関連事業

介護施設や障がい者(児)施設などを訪問し、職員等に様々な生活支援ロボットを体験していただく「ロボット体験キャラバン」はこちら⇒http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f430080/p982681.html

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa