県民の声・相談室について

掲載日:2020年7月1日

令和2年7月1日(水曜)から、対面による相談を再開します。なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用等にご協力をお願いします。

県民の声・相談室について

平塚合同庁舎1階にある「県民の声・相談室」では、県のしごと相談(県の業務に関する照会、要望、苦情など)、弁護士相談、暴力相談を行っています。(いずれも、祝日、年末年始(12月28日から1月3日まで)は除きます。)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、対面による相談を休止し、電話相談としていましたが、令和2年7月1日(水曜)から、対面による相談を再開します。

なお、相談の際は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、次のことにご理解、ご協力をお願いします。

〇ご相談いただくにあたってのお願い

  • 発熱・せき等、かぜの諸症状が見られる場合には、来庁をご遠慮ください。
  • 来庁時、エレベーターホール前に設置してある消毒液で、手指の消毒をお願いします。
  • 相談室に入る前に、手洗い・うがいをお願いします。
  • 相談中は、マスクの着用をお願いします。
  • 相談室内の換気、消毒にご協力ください。(1時間に2回以上の実施)
  • 相談員(もしくは弁護士)との距離を保持するために、間隔をあけています(1メートル以上)ので、ご理解ください。
  • 相談員(もしくは弁護士)との間に、間仕切シートを設置していますので、ご理解ください。

 

相談内容、電話番号、相談曜日、相談時間についての表
相談内容 電話番号 相談曜日 相談時間

県のしごと相談

(県の業務に関する照会、要望、苦情など)

0463-22-2711

(内線2130)

月曜日から金曜日

8時30分から12時

13時から17時15分

弁護士相談(予約制)

(弁護士による法律相談、面談)

0463-22-2711

(内線2130)

第1、第3金曜日

13時から16時

お一人30分以内

暴力相談

(暴力団などに関する困りごと)

0463-22-2711

(内線2133)

水曜日、金曜日

9時から12時

13時から16時

 

弁護士相談について

弁護士が皆様の相談内容に応じ法律の一般的な説明や助言を行い、問題解決の際の参考にしていただくためのものです。

弁護士相談を受けられる方へ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、対面による相談を休止していましたが、令和2年7月3日(金曜)から、対面による相談を再開します。

なお、相談の際は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、上記の「ご相談いただくにあたってのお願い」にご理解、ご協力をお願いします。

  • 「弁護士相談」は、法制度や相談窓口など解決のきっかけとなる情報をご案内するものです。
  • 問題解決のきっかけとするための相談内容となるため、ご相談は1年度1回限りとしております。(なお、「年度」とは4月1日から翌年3月31日までをいいます。)
  • 相談内容を具体的に解決するための訴訟手続や交渉は行いません。
  • 契約書や答弁書等の書類の作成は、行いません。
  • 係争中など、相談室の担当弁護士が相手方の弁護士などの場合、弁護士法により当日相談が受けられないことがあります。
  • 原則、個人の方からの相談をお受けします。
  • 予約は、2週間前の金曜日午前9時00分から受け付けます。電話または来庁で予約できます。

※令和2年4月3日相談分(3月19日受付開始分)から、受付条件(同一案件の相談は1回限り)を変更し、異なる相談内容であっても、1年度1回限りとしています。なお、「年度」とは4月1日から翌年3月31日までをいいます。

多くの方々が相談を希望されていますので、ご理解ください。

 

関連情報