ホーム > くらし・安全・環境 > 生活と自然環境の保全と改善 > 公害対策 > ディーゼル車対策の強化月間について

更新日:2022年1月27日

ここから本文です。

ディーゼル車対策の強化月間について

神奈川県では、ディーゼル車から排出される粒子状物質(PM)などによる大気汚染の防止を目的として、県条例の排出基準を満たさない旧式ディーゼル車の県内全域での運行を禁止する「運行規制」をはじめとした、自動車排出ガス対策を行っています。

こうした対策の徹底を図るため、神奈川県を含む九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、毎年10月をディーゼル車対策の強化月間と位置づけ、集中的に検査や啓発活動を実施しています。

運行規制の内容について

10月は九都県市によるディーゼル車対策の強化月間です(九都県市あおぞらネットワーク)

令和3年度ディーゼル車対策強化月間の取組

検査の強化

  • 主要道路において、ビデオカメラを用いた調査を行いました。(令和3年度は、新型コロナウィルス感染症の影響を考慮し、例年実施している九都県市合同の車両検査については中止しました。)

検査結果

日付 検査場所 検査区分 検査台数(台) 不適合台数(台)
10月26日 国道129号(厚木市山際) ビデオ 311 0

 

キャンペーンの実施

  • 高速道路サービスエリアとパーキングエリアにおいて、電子広告(デジタルサイネージによる広告)を掲示し、ディーゼル車規制の周知を行いました。
  • 東名高速道路、中央自動車道、箱根新道でディーゼル車規制を周知する横断幕を掲出しました。

結果

日付 場所 実績
10月中

東名高速道路

鮎沢パーキングエリア等

電子広告を掲示

11月中旬から

12月中旬

東名高速道路

中央自動車道

箱根新道

3か所に横断幕を掲出

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は環境農政局 環境部大気水質課です。