令和3年度自殺対策基礎研修1(自死遺族支援研修)のお知らせ(終了しました)

掲載日:2021年8月4日

自殺対策基本法のもと、自殺対策は保健・医療・福祉・教育・労働・その他の関連政策と有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならないものとされています。本研修では、国や県及び民間団体の取組などから自殺対策の必要性を学び、それぞれの機関で実施できる支援を考える機会とすることを目的とします。

対象 県所管域市町村職員、保健福祉事務所・センター職員、県関係各課職員、教育関係機関職員、教職員等、自殺対策に関わる方や関わる可能性のある方(一般の方は不可)
定員 25名
日時

令和3年7月6日(火曜日)午後1時30分から午後5時00分まで

会場

神奈川県精神保健福祉センター 2階 視聴覚室

(住所 横浜市港南区芹が谷2丁目5番2号)

 

 

内容

「神奈川県における自殺対策の取り組みについて」

神奈川県健康医療局 保健医療部 がん・疾病対策課精神保健医療グループ職員

 

「わが国の自殺の実態及び自殺対策について」

医療法人弘徳会 愛光病院 精神科医師  桑原 寛氏

 

「自死遺族支援に求められること」

自死遺族当事者

 

主催

神奈川県精神保健福祉センター

申込方法

チラシ裏面に必要事項をご記入の上、精神保健福祉センター相談課へFAXでお申込ください。

締め切りは、令和3年6月28日(月曜日) FAX:045-821-1711

定員に達し、お断りさせていただく場合のみご連絡いたします。

お問い合わせ先

神奈川県精神保健福祉センター相談課

電話:045-821-8822(代表)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。