いろいろ知りたい!

掲載日:2020年8月20日

講演会など

講演会、研修等

講座名 実施時期 内容

肝臓病教室

 

令和2年度の肝臓病教室は中止になりました。

肝疾患コーディネーターセミナー

未定

決定次第掲載します。

今後、中止となる可能性もあります。

リーフレットなど

肝炎ウイルス検査を受けましょう

検査受検勧奨リーフレット(PDF:1,047KB)

検査で陽性だった方向け

肝臓手帳(PDF:2,401KB)

C型肝炎特別措置法に基づく給付金受給のために必要な提訴期限について

平成6年(1994年)頃までに出産や手術による大量出血などの際に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へのお知らせです。
このような場合、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法に基づき、国を相手とする裁判を提起し、裁判のなかで、(1)血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたこと、(2)その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと、(3)慢性肝炎など症状を確認できれば、国と和解をしたうえで、給付金を受けることができます。

なお、この給付金を受けるためには、令和5年1月16日までに国を相手とする裁判提起を行うことが必要です。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

【参考】厚生労働省HP(出産や手術で大量出血した方等へ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150855.html

【問合せ先】
厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口
フリーダイヤル0120-509-002
受付時間:9:30から18時00分(土・日・祝日・年末年始を除く)

【裁判終了後の給付金の請求手続きの問い合わせ先】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
フリーダイヤル0120-780-400
受付時間:9:00から17時00分(土・日・祝日・年末年始を除く)
(※フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からもご利用いただけます) 

 

問い合わせ先
健康医療局 保健医療部 がん・疾病対策課

 

 

電話番号
045-210-4795

関連サイト

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa