薬局感染拡大防止対策事業費補助について

掲載日:2021年4月6日

お願い

概算額で補助金を申請し、補助金の交付を受けた場合、令和3年4月5日までに、神奈川県に対して、所定の様式を用い、事業実績報告を行っていただく必要があります。詳しくは、実績報告をご確認ください。

また、補助事業完了後、消費税及び地方消費税の申告により、消費税及び地方消費税にかかる仕入控除税額が確定した場合、第6号様式(ワード:15KB)により、すみやかに報告いただく必要があります。(遅くとも補助事業完了日の属する年度の翌々年度6月30日までに)※補助金を受けた全ての事業者は、報告が必要です。

なお、薬局薬剤師・事務員への慰労金については、薬局従事者慰労金のページを御覧ください。

目次

薬局感染拡大防止対策事業費補助について

目的

新型コロナウイルス感染症の感染拡大と収束が反復する中で、医療機関・薬局等においては、それぞれの機能・規模に応じた地域における役割分担の下、必要な医療提供を継続することが求められる。医療機関・薬局等において、院内等での感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を提供することができるよう、感染拡大防止等の支援を行うことを目的とする。

対象機関

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐための取り組みを行う保険薬局

対象経費

新型コロナウイルス感染症に対応した感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用(従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除く)

感染拡大防止対策を目的とする経費が補助対象となり、その他の目的で使用するものなどは対象となりません。なお、目的に沿う事業であるかについては、申請者で判断いただくこととなります。県にお問い合わせいただいても、個別具体的に対象となるかの回答はいたしかねますので、ご了承ください。

薬局の感染拡大防止対策として想定される例

  • 共通して触れる部分の定期的・頻回な清拭・消毒等の環境整備を行う。
  • 発熱等の症状を有する新型コロナ疑い患者とその他の患者が混在しないよう、動線の確保やレイアウト変更、薬剤交付順の工夫等を行う。
  • 電話等情報通信機器を用いた服薬指導や薬剤交付等ができる体制を確保する。
  • 薬局内の混雑を生じさせないよう、事前の予約や掲示等を行い、患者に適切な薬局内での対応を周知し協力を求める。
  • 感染防止のための個人防護具等を確保する。
  • 医療従事者の院内感染防止対策(研修、健康管理等)を行う。

参考 「感染拡大防止対策対象内容の例

補助対象期間

納品及び支出が行われた期間が令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

補助基準(上限)額

1施設あたり70万円

実績報告

概算額で補助金の交付を受けた場合は、支払いを証する書類(領収書等)などを添付し、事業完了の日から1か月以内または令和3年4月5日(必着)のいずれか早い日までに報告していただく必要があります。

報告にあたっての詳細は、実績報告書作成マニュアル(PDF:898KB)を御確認ください。なお、実績報告書は県薬務課に直接提出してください

実績報告にあたっての注意事項

  • 領収書の余白等に、薬局内で感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を促進するための体制の確保に要する取組であることがわかるよう、購入等の目的を記載していただくようお願いします。
  • 法人開設の薬局については、「様式11 役員等氏名一覧表」には、すべての役員(株式会社の場合、取締役・会計参与・監査役)の役職名、氏名、氏名のカナ、生年月日、性別及び住所を記載して提出してください(薬機法による薬局で届出している業務役員に限られません)。
  • 個人開設の薬局については、「様式11 役員等氏名一覧表」には、開設者個人の役職名、氏名、氏名のカナ、生年月日、性別及び住所を記載して提出してください。
  • 開設者が法人、個人いずれの場合も、「様式11 役員等氏名一覧表」については、実績報告に添付するほか、エクセルデータをメールにより送付してください。

様式11の送付方法

 
送付先アドレス jisseki-corona-iryou.yr3m@pref.kanagawa.lg.jp

メールの件名

【〇〇(薬局名)】役員等氏名一覧表の提出
ファイル名 【〇〇(薬局名)】役員等氏名一覧表.xlsx
  • 封筒の表面に薬局感染拡大防止支援金実績報告書在中と朱書きしてください。

実績報告及び消費税仕入控除税額報告書の送付先

〒231-8588

横浜市中区日本大通1

神奈川県薬務課献血・薬物対策グループ(支援金担当)

このページの先頭へ戻る

交付要綱等

このページの先頭へ戻る

関連資料(厚生労働省資料)

介護事業所に指定されている薬局向け

介護事業所に指定されている薬局について、薬局、介護事業所としての業務でそれぞれに必要な経費が発生している場合には、薬局、介護事業所それぞれの事業において交付金の申請が可能となります。なお、同一の対象経費に関する両交付金からの支払いは禁止されています。

介護事業所に関する支援内容について、くわしくは下記をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に係る介護従事者への慰労金・介護事業所等における感染症拡大防止等支援事業について

参考「令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」について厚生労働省による補助金

対象機関:院内等での感染拡大を防ぐための取組を行う、保険薬局(県からの補助金を受けた保険薬局も補助の対象)

補助上限額:20万円

補助対象経費:令和2年12月15日から令和3年3月31日までにかかる新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策等に要する経費

申請書提出期限:令和3年2月28日(当日消印有効)

申請書提出先:〒119-0397 銀座郵便局留 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金担当

厚生労働省医療提供体制支援補助金コールセンター
0120-336-933 (受付時間は平日9時30分~18時00分)

医療機関へのご案内(PDF:873KB)

事業の概要(PDF:547KB)

Q&A(PDF:853KB)

※ 事業の詳細については、こちらのページをご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。