更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

「かかりつけ医」をもっておこう!

 ちょっとかぜをひいたときや体調に不安があるときに、すぐに診察してもらえたり、健康状態を相談できたりする医師を「かかりつけ医」といいます。「かかりつけ医」は、大きな病院や大学病院などと違い、待ち時間が比較的短く、受診の手続きが簡単です。また、診察の結果、検査や入院が必要なら適切な医療機関や診療科を紹介してもらえます。さらに、自分を含め家族の病歴や症状、健康状態を把握しているので、もしものときにも素早く的確な診断が可能です。食生活や健康管理についても気軽に相談しやすく、こうした会話から病気の予防や早期発見につながることもあります。

 「かかりつけ医」選びは通いやすく、気軽に相談できる医療機関を探すのがポイントです。是非、「かかりつけ医」をもっておきましょう。

 

「かかりつけ医」をもっておこう!

 


※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

このページに関するお問い合わせ先

政策局 いのち・未来戦略本部室

政策局いのち・未来戦略本部室へのお問い合わせフォーム

未病産業グループ

電話:045-210-2715

ファクシミリ:045-210-8865

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。