国の「健康・医療戦略(第二期)」に「未病」及び「未病指標」が盛り込まれました!

掲載日:2020年6月25日
 令和2年3月27日、国の「健康・医療戦略(第二期)」が閣議決定されました。
 「「未病」の考え方や、その取組を進めるための指標の構築等が重要になる」という表現とともに、第一期から引続き「未病」の定義が位置付けられ、第二期戦略ではさらに「未病コンセプト」の普及や、「未病指標」の構築など本県の先駆的な取組みが新たに盛り込まれました。
 引続き、未病コンセプトに基づく取組みを強力に推進してまいります。

健康・医療戦略とは

「健康・医療戦略推進法」第17条の規定に基づき、健康長寿社会を形成するため、政府が講ずべき健康・医療に関する先端的研究開発及び新産業創出に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために策定された計画です。

健康・医療戦略参与会合について

健康・医療戦略参与会合は、国が戦略の策定やその実行に関し、各界の有識者から幅広い政策的助言を受けるため、開催しているものです。第一期計画では、地方自治体の首長としては唯一、本県の黒岩知事が委員に就任し、助言を行いました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。