県土整備局の総合評価方式、プロポーザル方式について

掲載日:2021年7月5日

総合評価方式の試行に関する運用ガイドライン

 「公共工事の品質確保の促進に関する法律」を踏まえ、全国的に総合評価方式による入札制度の導入が推進されているなか、神奈川県県土整備局において同方式による入札の試行を効率的かつ円滑に行うための基本的な事項を解説したものです。

建設工事編

※上記ガイドラインは、令和3年4月1日以降に公告する案件から適用します。

※消費税の取扱いは、入札公告兼入札説明書の「入札書の提出」をご確認ください。

工事系委託業務編

※上記ガイドラインは、令和3年4月1日以降に公告する案件から適用します。

※消費税の取扱いは、入札公告兼入札説明書の「入札書の提出」をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取組への対応について

 ※上記の取扱いは令和3年4月1日以降に公告する工事及び工事系委託業務から適用します。

設計業務等のプロポーザル方式に関する要領

 設計業務等の委託の受注者を決定するにあたり、あらかじめ業務に関連した技術提案を受け付け、評価し、最も優れた技術提案をした業者を特定して契約するプロポーザル方式を実施するための要領です。

設計業務等のプロポーザル方式に関する要領(PDF:160KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa