当センターの防災設備

掲載日:2020年2月4日

当センターの防災設備

当センターの防災設備

県西地域県政総合センターは、災害時には現地災害対策本部が設置されることになっています。そのため、小田原合同庁舎と足柄上合同庁舎には、様々な設備が設置されています。

1 現地災害対策本部室

<小田原合同庁舎>

現地災害対策本部室
現地災害対策本部が設置される部屋で、小田原合同庁舎3階にあります。

2 防災用備蓄倉庫

<小田原合同庁舎>

防災用備蓄倉庫
災害時に使用するための資機材が両合同庁舎に備蓄されています。

3 非常用貯水槽

<小田原合同庁舎>

非常用備蓄水槽
両合同庁舎には、100tの飲料水貯水槽が設置されています。

4 ヘリコプター離着陸場

<小田原合同庁舎>

ヘリコプター緊急離着陸場
小田原合同庁舎では、緊急時の離着陸場として、屋上部分に設置されています。また、足柄上合同庁舎敷地内グランドにも、臨時離着陸場を開設します。

5 免震構造

<小田原合同庁舎>

免震構造
基礎部分に天然ゴム性のピットを66本設置し、地震による揺れを軽減するようになっています。

6 災害時活動スペース

<小田原合同庁舎>

災害時活動スペース
2階に災害ボランティアや広域応援部隊等のための活動スペースが設けられており、通常は会議室として使用しています。

7 非常用発電装置

両合同庁舎には、停電時の電力確保のため、自家発電設備が設置されています。

このページの先頭へもどる