地産地消

掲載日:2020年2月3日

地産地消の推進

「地産地消」とは、地域の需要に即した生産を行い、その産物を地域で消費するための取組です。「地産地消」により、生産者の顔が見える安全・安心で新鮮な産物を買うことができ、輸送距離も短いので、環境負荷の低減にも貢献できます。「地産地消」を推進することで、身近な農業を守り、良好な景観の形成、防災などの「農業の有する多面的機能」が発揮されていきます。

県西地域の「かながわブランド」及び地場農産物について

県西地域は、山間部を中心に生産される「足柄茶」のほか、みかん、キウイフルーツ、いちじくなどの果物の生産が盛んです。これらの「かながわブランド登録品目」を中心とした地域特産物の普及PRを、生産者団体、消費者団体、行政等が連携して行っています。

  • かながわブランドについて 
  • 県西地域の主な農産物が出回る時期について
  • 県西地域管内の直売所情報について

詳しくは、「かなさんの畑」(かながわ振興協議会ホームページ)で検索してください。

このページの先頭へもどる